1908年ロンドンオリンピックのテニス競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tennis pictogram.svg

1908年ロンドンオリンピックにおけるテニス競技の成績結果に関する記事。

大会の流れ[編集]

  • このロンドン五輪では、通常の屋外競技に加えて「室内競技大会」(Indoor Courts)が別途に実施された。オリンピックの公式記録には、屋外競技と室内競技の両方のメダル受賞者が掲載されている。オリンピックのテニスで屋外競技と室内競技の2つが実施されたのは、このロンドン五輪と1912年ストックホルム五輪のみであった。
  • 屋外競技・室内競技とも、男女シングルス・男子ダブルスの3部門が実施された。

屋外競技のメダル受賞者[編集]

男子シングルス[編集]

順位 選手名 国・地域
1 ジョシア・リッチー イギリス イギリス
2 オットー・フロイツハイム ドイツ ドイツ
3 ウィルバーフォース・イーブズ イギリス イギリス
4 ジョン・リチャードソン 南アフリカ 南アフリカ

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

男子ダブルス[編集]

順位 選手名 国・地域
1 レジナルド・ドハティージョージ・ヒルヤード イギリス イギリス
2 ジェームズ・パークジョシア・リッチー イギリス イギリス
3 クレメント・カザレットチャールズ・ディクソン イギリス イギリス
4 マックス・デキュジスモーリス・ジェルモー フランス フランス

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

女子シングルス[編集]

ロンドン五輪の女子シングルス競技
順位 選手名 国・地域
1 ドロテア・ダグラス・チェンバース イギリス イギリス
2 ドラ・ブースビー イギリス イギリス
3 ジョーン・ウィンチ イギリス イギリス
4 ケイト・フェンウィック フランス フランス

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

室内競技のメダル受賞者[編集]

男子シングルス[編集]

順位 選手名 国・地域
1 アーサー・ゴア イギリス イギリス
2 ジョージ・カリディア イギリス イギリス
3 ジョシア・リッチー イギリス イギリス
4 ウィルバーフォース・イーブズ イギリス イギリス

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

男子ダブルス[編集]

順位 選手名 国・地域
1 アーサー・ゴアハーバート・ローパー・バレット イギリス イギリス
2 ジョージ・カリディアジョージ・シモンド イギリス イギリス
3 ウォルマー・ボストロムグンナー・セッターウォール スウェーデン スウェーデン
4 ライオネル・エスコムジョシア・リッチー イギリス イギリス

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

女子シングルス[編集]

順位 選手名 国・地域
1 グラディス・イーストレーク・スミス イギリス イギリス
2 アリス・グリーン イギリス イギリス
3 マルタ・アドラーストレール スウェーデン スウェーデン
4 エルセ・ワレンベルグ スウェーデン スウェーデン

大会経過[編集]

準決勝

決勝

銅メダル決定戦

国別メダル受賞数[編集]

国・地域
1 イギリス イギリス 6 5 4 15
2 ドイツ ドイツ 0 1 0 1
3 スウェーデン スウェーデン 0 0 2 2
総計 6 6 6 18

外部リンク[編集]