ロワイヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロワイヤン
Blason Royan.svg

Port Royan.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) シャラント=マリティーム県
(arrondissement) ロシュフォール郡
小郡 (canton) 2小郡郡庁所在地
INSEEコード 17306
郵便番号 17200
市長任期 ディディエ・カンタン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération Royan Atlantique
人口動態
人口 17 102人
1999年
人口密度 886人/km2
住民の呼称 Royannais(e)
地理
座標 北緯45度37分 西経1度02分 / 北緯45.62度 西経1.03度 / 45.62; -1.03座標: 北緯45度37分 西経1度02分 / 北緯45.62度 西経1.03度 / 45.62; -1.03
標高 平均:20 m
最低:0 m
最高:35 m
面積 19.30km2 (1 930ha)
ロワイヤンの位置(フランス内)
ロワイヤン
ロワイヤン
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

ロワイヤンRoyan;フランス語発音: [ʁwajɑ̃]; 現地発音: [ʁwejɑ̃]; オック語: Roian)は、フランス南西部、ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏シャラント=マリティーム県に位置する都市(コミューン)。国際的な海岸リゾート地である。住民はロワイヤネ(Royannais)やロワイヤネーズ(Royannaises)と呼ばれている[1]。コート・ド・ボーテの中心地で、フランス大西洋沿岸の重要なリゾート地の一つであり、5つのビーチや1000艘以上のボートが利用するマリーナ、現在も使われている漁港がある。2013年現在、広域都市圏の人口は48,982人である。2015年時点で町には18,393人の住民がいる。

ロワイヤンはアルヴェール半島の、ジロンド川河口の東岸に位置する。大西洋に面し、ラ・ロシェルから南に60km、ボルドーから北に約100kmに位置している。ロワイヤンは戦略上重要な場所の一つであり、特に西ゴート族ヴァイキングにとっては垂涎の地であった。宗教改革ではロワイヤンはプロテスタントの本拠地となったが、フランス王ルイ13世によって包囲されて滅ぼされた。復古王政の時代、そして特に第二帝政の時代には海水浴場で知られることとなった。狂騒の20年代には多くの芸術家を惹きつけた。

1944年9月と1945年4月に行われた連合国の爆撃によって町は破壊された。かつて「殉教の町」として知られていたロワイヤンは「都市計画の実験場」と公的に宣言されて、現在は1950年代の近代建築のショーケースとして知られている。2010年には芸術と歴史の街(Ville d'Art et d'Histoire)に登録された[2] 今日では観光と文化の中枢であり、毎年夏に約9万人の観光客が来る[3]

姉妹都市[編集]

出典[編集]

  1. ^ Habitants.fr : Royan”. 2022年4月8日閲覧。
  2. ^ Royan sacrée ville d'Art et d'histoire”. 2022年4月8日閲覧。
  3. ^ Royan en chiffres”. 2022年4月8日閲覧。