ロレンツォ・ティオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロレンツォ・ティオ Jr.
出生名 ロレンツォ・ティオ Jr.
生誕 1893年????
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1933年????
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル クラシック・ジャズ
職業 クラリネット奏者
担当楽器 クラリネットオーボエ
共同作業者 マニュエル・ペレズ
アーマンド・J・パイロン
ジェリー・ロール・モートン
クラレンス・ウィリアムズ

ロレンツォ・ティオ Jr.(Lorenzo Tio Jr.、1893年 - 1933年)は、ニューオーリンズ出身の優れたクラリネット奏者であった。同様に、父のロレンツォ・ティオ Sr. Lorenzo Tio Sr.1867年 - 1908年)と叔父のルイス・“パパ”・ティオ Louis "Papa" Tio1862年 - 1922年)もそうであった。彼らの奏法(それにはアルバート・システムの楽器、ダブルリップ・アンブシュア、それに柔らかなリードが必要であった)はジャズソロの発展において独創的で将来の発展に影響を与えた。

3 人のティオは、クラシック音楽理論ラグタイムブルースジャズミュージシャンたちにもたらし、ロレンツォ Jr. はやがて自分自身でジャズを演奏するようになった。ロレンツォ Sr. は“ビッグ・アイ”・ルイス・ネルソン・ドリールを教えた。多くの特筆すべき初期のジャズのリード楽器の奏者たちはロレンツォ・ティオ Jr. に習っている。つまり、シドニー・ベシェバーニー・ビガードジョニー・ドッズオマー・シメオンジミー・ヌーンアルバート・ニコラス en:Albert Nicholas たちである。

ロレンツォ・ティオ Jr. はオーボエも演奏した。彼は1916年シカゴマニュエル・ペレズ Manuel Perezバンドに参加し、1918年から1928年までは アーマンド・J・パイロン en:Armand J. Piron のバンドに参加して、パイロン、ベシェ、ジェリー・ロール・モートンクラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams らと録音をした。

外部リンク[編集]