ロリータ・シンドローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロリータ・シンドロームLolita Syndrome)は成人男性による思春期少女へと持続的に向かう性的関心のこと。

欧米で使われる性的関心の概念であり、13歳から16歳(または17歳)の年齢層の、思春期の少女への性的嗜好である。日本で言うロリータ・コンプレックス少女愛に近い。元来、ナボコフの小説『ロリータ』の影響の下に書かれた、フランスの作家・思想家であるシモーヌ・ド・ボーヴォワール(Simone de Beauvoir)の作品『ブリジット・バルドーとロリータ・シンドローム』(1960年)で有名になった言葉だと思われるが、ボーヴォワールは特に対象となる少女の年齢を狭く限定していない。

なお、思春期児童への性的嗜好をエフェボフィリア(Ephebophilia)と呼び、そのうち少年へ向かうものは少年愛(少年性愛)、少女へ向かうものを少女愛。またはロリータ・シンドロームと呼ぶ。思春期以前の児童へ向かう性的嗜好はペドフィリアであり、これは極端な場合は性嗜好での精神障害(パラフィリア)とされる。

また、日本以外では、語源である『マリア・デ・ロス・ドロレス=悲しみの聖母』(ドロレスの愛称形がロリータ)の方が有名である為、ロリータという人名だけで性的嗜好のニュアンスを連想する人はごく少数派である。

関連項目[編集]