ロマン・メンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はメンデス第二姓(母方の)はペレスです。
ロマン・メンデス
Román Méndez
阪神タイガース #20
Román Méndez on March 13, 2012.jpg
テキサス・レンジャーズ時代
(2012年3月13日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1990-07-25) 1990年7月25日(27歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 アマチュア・フリーエージェントとしてボストン・レッドソックスと契約
初出場 MLB / 2014年7月8日
NPB / 2017年7月22日
年俸 7,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロマン・ユニオール・メンデズ・ペレスRomán Junior Méndez Perez, 1990年7月25日 - )は、阪神タイガースに所属するドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。ファーストネームの「Román」は「ロマン」と伸ばさないのが適切な読み[2]

経歴[編集]

プロ入りとレッドソックス傘下時代[編集]

2007年7月16日ボストン・レッドソックスと契約。

2008年、傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・レッドソックスでプロデビュー。11試合に先発登板して3勝1敗・防御率2.65・46奪三振の成績を残した。

2009年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッドソックスでプレーし、12試合(先発10試合)に登板して2勝3敗・防御率1.99・47奪三振の成績を残した。

2010年はまずA級グリーンビル・ドライブ英語版でプレーし、6試合に先発登板して0勝2敗・防御率11.40・18奪三振の成績を残した。6月からA-級ローウェル・スピナーズ英語版でプレー。8試合に先発登板して2勝3敗・防御率4.36・35奪三振の成績を残した。

レンジャーズ時代[編集]

2010年7月31日ジャロッド・サルタラマッキアとのトレードで、クリス・マッギネス英語版マイケル・トーマス、さらに金銭と共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[3]。移籍後は傘下のA-級スポケーン・インディアンス英語版でプレーし、3試合に先発登板して1勝1敗・防御率2.31・13奪三振の成績を残した。

2011年はA級ヒッコリー・クロウダッズでプレーし、26試合(先発20試合)に登板して9勝1敗1セーブ・防御率.3.31・130奪三振の成績を残した。オフの11月18日にレンジャーズとメジャー契約を結び[4]40人枠入りを果たした。

2012年はまずA+級マートルビーチ・ペリカンズでプレーし、18試合(先発12試合)に登板して4勝6敗1セーブ・防御率5.14・71奪三振の成績を残した。8月にAA級フリスコ・ラフライダーズへ昇格。5試合に登板して2勝0敗1セーブ・防御率1.46・9奪三振の成績を残した。

2013年はAA級フリスコで16試合に登板したところで、右肘の疲労骨折によって5月31日に戦線離脱した[5]。この年は2勝0敗2セーブ・防御率1.82・24奪三振の成績を残した。

2014年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスで開幕を迎え、25試合に登板。0勝1敗2セーブ・防御率4.02・30奪三振という成績で、7月7日にメジャーへ昇格した[6]。翌8日のヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。5点ビハインドの8回表から登板し、2回を無安打無失点1四球に抑えた[7]

2015年、レンジャーズでは12試合に投げて防御率5.40だった。9月1日DFAとなった。

レッドソックス時代[編集]

2015年9月11日ウェイバー公示を経てレッドソックスへ移籍した。移籍後は3試合でマウンドに登っただけで、防御率4.50・1四球・1奪三振という成績だった。レンジャーズとの合算の防御率は5.27であった。12月2日クリス・ヤングの加入に伴ってDFA[8]、7日に40人枠を外れる形でAAA級ポータケット・レッドソックスへ配属された[9]

2016年はAAA級ポータケットでプレーし、32試合に登板。4勝2敗2セーブ・防御率3.38・59奪三振の成績を残した。

阪神時代[編集]

2016年11月27日に、NPB阪神タイガースが、メンデスと1年契約を結んだことを発表[10]12月2日付で、NPBから支配下登録選手として公示された[11]。背番号は20

阪神球団では、2016年に契約していた6人の外国人選手のうち、ランディ・メッセンジャーマルコス・マテオに対してのみ2017年シーズンの契約を結んでいた。その一方で、入団1年目の2016年にシーズン中盤まで一軍のセットアッパーを務めながら、10月に右肘の手術を受けたラファエル・ドリス(いずれもメンデスと同じ右投手)との契約更新を一時的に保留。このような事情から、ドリスとの再契約に至らない可能性を視野に入れながら、救援陣を強化する目的でメンデスの獲得に踏み切った。なお、メンデスを獲得した直後には、正三塁手候補としてエリック・キャンベル内野手とも契約している。

2017年、春季キャンプを主力選手主体の「沖縄組」で迎えた[12]が、阪神球団はキャンプ期間中にドリスと再契約。NPBの一軍公式戦で外国人投手を3人までしか同時に登録できない外国人枠との兼ね合いから、右のエースで開幕投手に内定していたメッセンジャーを除く最大2人分の投手枠を、自身と同郷(ドミニカ出身)のマテオやドリスと争うことになった。メンデス自身はオープン戦2試合の登板(通算投球回数3イニング)で防御率3.00を記録したものの、日本特有の春先の寒さにうまく適応できなかったことや、前年に実績を残したマテオとドリスが揃って好調なこと[13]を背景に3月上旬から二軍で調整[14]。そのままウエスタン・リーグ公式戦の開幕を迎えると、7月中旬までに38試合の登板(オール救援)で19セーブ(いずれもリーグ1位)という好成績を残した。さらに、開幕から一軍のセットアッパーを務めてきたマテオが腰の張りで調子を崩したことを機に、7月22日付で来日後初めての出場選手登録[15]。同日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)7回裏から4番手投手として一軍公式戦へのデビューを果たす[16]と、登板4試合連続で無失点に抑えたほか、3試合目の登板だった7月27日の対横浜DeNAベイスターズ戦(阪神甲子園球場)で来日初ホールドを記録した。マテオの復帰に伴って7月31日に出場選手登録をいったん抹消されたが、抹消後にメッセンジャーが故障で戦線を離脱したため、8月11日付でメッセンジャーに代わって再登録。再登録後は救援で3試合に登板したが、通算3回2/3イニングで8失点(6自責点)と振るわず、8月16日に再び登録を抹消された。なお、ウエスタン・リーグ公式戦には、通算でリーグ最多の52試合に登板。1勝5敗、防御率3.48ながら、リーグ最多の23セーブを挙げている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 TEX 30 0 0 0 0 0 1 0 10 .000 136 33.0 20 2 17 2 2 22 2 0 8 8 2.18 1.12
2015 12 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 49 11.2 11 1 7 1 1 9 0 0 7 7 5.40 1.54
BOS 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.0 3 1 1 0 0 1 0 0 1 1 4.50 2.00
'15計 15 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 58 13.2 14 2 8 1 1 10 0 0 8 8 5.27 1.61
2017 阪神 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 45 9.2 12 1 3 0 1 9 0 1 9 7 6.52 1.55
MLB:2年 45 0 0 0 0 0 2 0 10 .000 194 46.2 34 4 25 3 3 32 2 0 16 16 3.09 1.26
NPB:1年 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 45 9.2 12 1 3 0 1 9 0 1 9 7 6.52 1.55
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

NPB

投手












2017 8 0 2 0 0 1.000
通算 8 0 2 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 55 (2014年 - 2015年途中)
  • 70 (2015年途中 - 同年終了)
  • 20 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 阪神、速球派右腕メンデスと正式契約 年俸7500万円の1年契約”. SANSPO.COM(サンスポ) (2016年11月27日). 2016年12月2日閲覧。
  2. ^ 元・東京ヤクルトスワローズオーランド・ロマンと同じ発音である。日本語表記で「ローマン」とされる場合、基本的に「Loman」姓が大半を占める。
  3. ^ “Rangers acquire RHP Roman Mendex, 1B Chris McGuiness, a player to be named later and cash considerations from Boston Red Sox for catcher Jarrod Saltalamacchia” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2010年7月31日), http://texas.rangers.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100731&content_id=12854374&vkey=pr_tex&fext=.jsp&c_id=tex 2015年12月3日閲覧。 
  4. ^ “Rangers purchase contracts of six players for 40-man roster” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2011年11月18日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/26003228 2015年12月3日閲覧。 
  5. ^ John Blake (2013年5月31日). “Roman Mendez Fantasy Stats: Past News Updates” (英語). RotoWire Fantasy Baseball. 2016年11月27日閲覧。
  6. ^ “Rangers recall RHP Roman Mendez and purchase contract of outfielder Jake Smolinski from Triple-A Round Rock” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Texas Rangers), (2014年7月7日), http://m.rangers.mlb.com/news/article/83513884 2015年12月3日閲覧。 
  7. ^ Scores for Jul 8, 2014” (英語). ESPN (2014年7月8日). 2015年12月3日閲覧。
  8. ^ Jerry Spar (2015年12月2日). “Red Sox make official 2-year deal with Chris Young; DFA pitcher Roman Mendez” (英語). Full Count. Entercom Boston, LLC. 2015年12月3日閲覧。
  9. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年6月25日閲覧。
  10. ^ ロマン・メンデス選手との契約締結について”. 阪神タイガース公式サイト (2016年11月27日). 2016年12月4日閲覧。
  11. ^ 新規支配下選手登録|2017年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2012年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  12. ^ 春季キャンプ2017 一軍参加メンバー”. 阪神タイガース公式サイト (2017年2月28日). 2017年7月23日閲覧。
  13. ^ マテオ?ドリス?守護神争い、混とん 新助っ投・メンデスは二軍降格”. デイリースポーツ (2017年3月9日). 2017年7月23日閲覧。
  14. ^ 阪神メンデス二軍「試合には出る」教育リーグ登板示唆”. 日刊スポーツ (2017年3月9日). 2017年7月23日閲覧。
  15. ^ 阪神マテオ、腰の張りで登録抹消へ 代役はメンデス”. 日刊スポーツ (2017年7月22日). 2017年7月23日閲覧。
  16. ^ 阪神メンデス、来日初登板で2回無失点”. 日刊スポーツ (2017年7月22日). 2017年7月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]