ロマン・ホフシュテッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ローマン・ホーフシュテッター(Roman Hofstetter, 1742年4月24日 ラウデンバハ - † 1815年5月21日 ミルテンベルク・アム・マイン)は、オーストリアベネディクト会修道士。アマチュア作曲家でもあった。

ホーフシュテッターはフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの信奉者であり、ハイドンの音楽様式にならって自らも作曲を行なった。ハイドンの6つの弦楽四重奏曲作品3は長らくハイドンの作品と見なされていたが、現在ではホフシュテッターの作品であることが明らかになっている。弦楽四重奏曲ヘ長調作品3-5の第2楽章(アンダンテ・カンタービレ)は、長らく「ハイドンのセレナーデ」の名で親しまれてきたため、呼び名にねじれ現象が起こっている。

参考資料[編集]

  • Marshall J. Fine: The viola concertos of Fr. Roman Hofstetter, OSB. A new edition based on the manuscripts found at the university of Lund. UMI Publications, Ann Arbor, Mi 1990
  • Hubert Unverricht: Beiträge zur Mittelrheinischen Musikgeschichte. Bd 10. Die beiden Hoffstetter. Zwei Komponistenporträts mit Werkverzeichnissen. Schott, Mainz 1968, ISBN 3795713102

外部リンク[編集]