ロマン・ベレゾフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロマン・ベレゾフスキー Football pictogram.svg
Algérie - Arménie - 20140531 - Roman Berezovski.jpg
ベレゾフスキー (2014)
名前
本名 ロマン・アナトリエヴィチ・ベレゾフスキー
Roman Anatoliyevich Berezovsky
ラテン文字 Roman Berezovsky
アルメニア文字 Ռոման Անատոլիի Բերեզովսկի
基本情報
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1974-08-05) 1974年8月5日(48歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 エレバン
身長 188cm
体重 89kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991 ソビエト連邦の旗 コシュカゴルツ・エレバン 31 (0)
1992 アルメニアの旗 シェンガヴィト・エレバン 9 (0)
1992 アルメニアの旗 シュニク・カパン 13 (0)
1993 ロシアの旗 コスモス-キロヴェツ 15 (0)
1994-2000 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク 123 (0)
1994-2000 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク2 18 (0)
1995 ロシアの旗 サトゥルン-1991 (loan) 3 (0)
2001 ロシアの旗 トルペド・モスクワ 19 (0)
2001 ロシアの旗 トルペド・モスクワ2 6 (0)
2002-2005 ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 88 (0)
2006-2011 ロシアの旗 ヒムキ 175 (0)
2012-2015 ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 19 (0)
通算 453 (0)
代表歴
1996-2016 アルメニアの旗 アルメニア 94 (0)
監督歴
2019 ロシアの旗 ソチ (監督代行)
2020 アルメニアの旗 ピュニク
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロマン・アナトリエヴィチ・ベレゾフスキーアルメニア語: Ռոման Անատոլիի Բերեզովսկի, ラテン文字転写: Roman Anatoliyevich Berezovsky, ロシア語: Рома́н Анато́льевич Березо́вский [rɐˈman ɐnɐˈtolʲɪvʲɪtɕ bʲɪrʲɪˈzofskʲɪj], 1974年8月5日- )は、アルメニア・ソビエト社会主義共和国 (現アルメニア)・エレバン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元アルメニア代表。現役時代のポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

1974年、アルメニア・ソビエト社会主義共和国 (現アルメニア)の首都エレバンウクライナ人両親の間に生まれる[1]。1990年代後半にロシア・プレミアリーグ (ロシア1部)の最優秀GKに選出されたことに加え、アルメニア代表での安定したプレーは、ファンの人気を集めており、また、ソビエト連邦サッカーリーグ / ロシア・プレミアリーグにおいて最多となる12回のPKストップを記録している[2]

1991年にソビエト連邦セカンドリーグ (ソ連3部)のコシュカゴルツ・エレバンでキャリアをスタートさせ、1992年のソ連崩壊により、創設されたアルメニア・プレミアリーグ (アルメニア1部)へのクラブ (シェンガヴィト・エレバンに改名)の移行に伴って自身もアルメニアへと移り、同年にはシュニク・カパンでもプレーした。シーズン終了後、今度はロシアサンクトペテルブルクへ渡り、地元のコスモス-キロヴェツ・サンクトペテルブルクにてプレーすることになった。

ゼニト・サンクトペテルブルク[編集]

1994年シーズンからは、ロシア・ナショナル・フットボールリーグ (2部)のFCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍をしたが出場は5試合に留まり、1995年には出場機会を得る為にFCサトゥルン-1991サンクトペテルブルクへレンタル移籍に出されるも、出場3試合とここでも出場機会を得るのに苦労していた。ゼニトに復帰してからは、シーズンが経つに連れて安定感が増し、5年間で118試合に出場しており、1997年シーズンスポルト・エクスプレス紙による年間最優秀GKに選出され[3]1999年シーズンにはロシア・カップ優勝に貢献。また、同シーズンはロシアサッカー連合によるリーグ最優秀選手33のGK部門で3位に選出された[4]。しかし、若手GKのヴィアチェスラフ・マラフェエフが台頭し始めたことにで翌2000年シーズンの出場は昨年の半分以下になった。なお、2000年6月にリーグ・アン (フランス1部)のASサンテティエンヌと4年契約で合意したものの、最終的に給与面の問題から破談となっている[5][6]

トルペド、ディナモ・モスクワ[編集]

2000年シーズン終了に伴ってゼニトを退団した後は、2001年シーズンFCトルペド・モスクワ2002年シーズンFCディナモ・モスクワへ移籍[7]して2005年シーズンまで在籍しており、ディナモではタイトル獲得は出来なかったが、88試合と多くの出場機会を得た。2003年6月30日には、ロシア・プレミアリーグの外国人選抜に招集され、ロシア代表と試合した[8]

ヒムキ[編集]

FCヒムキでのベレゾフスキー

2006年にナショナル・フットボールリーグのFCヒムキへ移籍。ヒムキでは、1年でのリーグ優勝に貢献し、プレミアリーグ昇格後の2008年シーズンからは主将を務めており、また、2009年7月26日のFCアムカル・ペルミ戦 (2-0)を無失点に抑えたことで、トップリーグ通算100試合の完封を成し遂げた事から、レフ・ヤシン・クラブ英語版に殿堂入りをした[9]。2010年12月27日にクラブと契約を1年延長した[10][11]。在籍6年間において、ミオドラグ・ヨヴァノヴィッチ英語版に次ぐ175試合に出場した。

ディナモ・モスクワ復帰[編集]

2012年2月2日にディナモ・モスクワと1年半契約で合意し、6年ぶりに復帰する[12]。3月6日のFCアンジ・マハチカラ戦で初出場を飾った。2度目のディナモでは、控えが定位置となっているが、2014-15シーズンは開幕戦から序盤数試合で先発を務め、UEFAヨーロッパリーグ 2014-15予選の3試合に出場し、本戦出場に貢献した。

代表[編集]

U-21代表を経て、1996年8月31日の1998 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でのポルトガル戦でアルメニアA代表デビューを飾り[13]、以来、サルギス・ホヴセピアン英語版に次ぐ90試合以上に出場している。UEFA EURO 2012予選では全10試合に出場しゴールを守る中、プレーオフ進出を懸けた最終節のアイルランド戦において、前半26分にエリア外でハンドをしたとして一発退場のレッドカードを受け、試合は1-2で敗れた[14]。試合後にアルメニアサッカー連盟は、テレビカメラには腕ではなく胸でボールを処理していた映像が映されていた事から、誤審があったとしてレッドカードの取り消しをUEFAに求めた[15]が、受け入れられることはなかった。なお、ベレゾフスキーは試合後、退場によるショックで夜は眠れず、翌日にエレバン空港に到着した際にァンから拍手で出迎えたことにより、自責の念で精神的な苦痛はピークに達したと語った。また、チームはグループリーグの2位に値するとも語っている[16]

2012年10月12日、主将を務めていたホヴセピアンの引退に伴い、2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選イタリア戦に向け、役割を引き継いだ[17]

個人成績[編集]

クラブでの成績[編集]

出典:[18][19]

所属クラブ シーズン リーグ 国内カップ 国際大会 合計
所属リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
コシュカゴルツ・エレバン 1991 ソビエト連邦セカンドリーグ 31 0 - 31 0
合計 31 0 - 31 0
シェンガヴィト・エレバン 1992 アルメニア・プレミアリーグ 9 0 - 9 0
合計 9 0 - 9 0
シュニク・カパン 1992 アルメニア・プレミアリーグ 13 0 - 13 0
合計 13 0 - 13 0
コスモス-キロヴェツ 1993 ロシア・セカンドディビジョン 15 0 - 15 0
合計 15 0 - 15 0
ゼニト・サンクトペテルブルク 1994 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ 5 0 5 0
1995 4 0 4 0
1996 ロシア・プレミアリーグ 20 0 20 0
1997 30 0 30 0
1998 30 0 30 0
1999 23 0 2 0 25 0
2000 11 0 11 0
合計 123 0 2 0 125 0
ゼニト・サンクトペテルブルク2 1994 ロシア・サードリーグ 5 0 - 5 0
1995 4 0 - 4 0
1996 6 0 - 6 0
1998 ロシア・セカンドディビジョン 1 0 - 1 0
2000 2 0 - 2 0
合計 18 0 - 18 0
サトゥルン-1991 (loan) 1995 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ 3 0 - 3 0
合計 3 0 3 0
トルペド・モスクワ 2001 ロシア・プレミアリーグ 19 0 2 0 21 0
合計 19 0 2 0 21 0
トルペド・モスクワ2 2001 ロシア・プレミアリザーブリーグ 6 0 - - 6 0
合計 6 0 - - 6 0
ディナモ・モスクワ 2002 ロシア・プレミアリーグ 30 0 30 0
2003 27 0 27 0
2004 19 0 19 0
2005 12 0 12 0
合計 88 0 88 0
ヒムキ 2006 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ 42 0 - 42 0
2007 ロシア・プレミアリーグ 28 0 28 0
2008 27 0 27 0
2009 18 0 1 0 19 0
2010 ロシア・ナショナル・フットボールリーグ 35 0 - 35 0
2011-12 25 0 - 25 0
合計 175 0 1 0 176 0
ディナモ・モスクワ 2011-12 ロシア・プレミアリーグ 3 0 0 0 0 0 3 0
2012-13 7 0 1 0 1 0 9 0
2013-14 3 0 0 0 0 0 3 0
2014-15 6 0 0 0 3 0 9 0
合計 19 0 1 0 4 0 24 0
キャリア通算成績 519 0 2 0 8 0 529 0

代表での成績[編集]

出典:[20]

アルメニア代表
出場 得点
1996 3 0
1997 5 0
1998 4 0
1999 8 0
2000 5 0
2001 3 0
2002 2 0
2003 6 0
2004 1 0
2005 6 0
2006 2 0
2007 6 0
2008 4 0
2009 3 0
2010 5 0
2011 6 0
2012 6 0
2013 8 0
2014 8 0
2015 2 0
2016 1 0
Total 94 0

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FCゼニト・サンクトペテルブルク

FCヒムキ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Роман Березовский_ На день рождения желали играть до пятидесяти"
  2. ^ "Березовский обновил рекорд Чанова"
  3. ^ "ЧЕМПИОНАТ РОССИИ-97. Высшая лига"
  4. ^ "Список 33-х за 1999"
  5. ^ "Berezovsky transfer back on hold"
  6. ^ "Levitsky to St. Etienne"
  7. ^ "Dinamo sign Armenian goalkeeper"
  8. ^ "Юрий Бутнев. Разве плох футбол без проигравших?"
  9. ^ "Роман Березовский вошёл в "Клуб Яшина""
  10. ^ "Березовский продлил контракт с "Химками"" Archived 2012年2月25日, at WebCitechampionat.ru, 2011年10月20日閲覧。
  11. ^ "РОМАН БЕРЕЗОВСКИЙ ОСТАЕТСЯ В «ХИМКАХ»"fckhimki.ru, 2011年10月20日閲覧。
  12. ^ "Blue and White Berezovsky Again: Armenia’s goalkeeper back with Dynamo"
  13. ^ "Portugal v Armenia background" UEFA.com
  14. ^ "アイルランド、勝利でプレーオフ出場権を獲得"uefa.com、2011年10月20日閲覧
  15. ^ "アルメニア、EURO予選での「誤審」訴えUEFAに申し立て"skyperfectv.co.jp、2011年10月20日閲覧
  16. ^ "Роман Березовский: Сборная Армении заслуживала второго места в группе В"panarmenian.net、2011年10月20日閲覧
  17. ^ "Roman Berezovsky to be Armenia captain in Italy match"
  18. ^ Березовский Роман”. fckhimki.ru. 2015年5月10日閲覧。
  19. ^ Roman Berezovskiy”. footballdatabase. 2015年5月10日閲覧。
  20. ^ Roman Berezovsky”. national-football-teams. 2015年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]