ロマス・カランタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロマス・カランタ(Romas Kalanta, 1953年2月22日 - 1972年5月14日)は、リトアニアの高校生で、1972年ソ連の占領に抗議して、カウナスで焼身自殺した人物。リトアニアの反ソヴィエトのレジスタンス運動の英雄とされる。

外部リンク[編集]