ロペ=オカンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 ロペ=オカンダの生態系と残存する文化的景観
ガボン
Lopé National Park river crop.jpg
英名 Ecosystem and Relict Cultural Landscape of Lopé-Okanda
仏名 Ecosystème et paysage culturel relique de Lopé-Okanda
面積 491,291 ha
(緩衝地域 150,000 ha)
登録区分 複合遺産
IUCN分類 II(国立公園)およびIII(天然記念物)
登録基準 (3), (4), (9), (10)
登録年 2007年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ロペ=オカンダの位置
使用方法表示

ロペ国立公園ガボン共和国中央部に存在する国立公園である。領域のほとんどは熱帯雨林だが、公園の北部に、1万5千年前の氷期に中央アフリカで形成されたサバナが残存している。1946年にロペ=オカンダ野生動物保護区が創設された際に、最初に保護された地域である。 ロペ=オカンダの自然環境と文化的景観は2007年に世界複合遺産に登録された[1]。ガボンでは初の世界遺産である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

IUCNの分類はロペ=オカンダ国立公園がII(国立公園)、ロペ=オカンダ文化保護地域群(Lopé-Okanda Aires Culturelles Protégées)がIII(天然記念物)である[2]

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年8月15日閲覧。
  2. ^ http://www.unep-wcmc.org/sites/wh/lope-okanda.htm

関連項目[編集]


座標: 南緯0度30分00秒 東経11度30分00秒 / 南緯0.500度 東経11.500度 / -0.500; 11.500