ロベール・ド・マルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロベール・ド・マルル(フランス語:Robert de Marle, 1390年頃 - 1415年10月25日)は、マルル領主(在位:1397年 - 1413年)、マルル伯(在位:1413年 - 1415年)およびソワソン伯(在位:1412年 - 1415年)。バル公の嗣子でマルル領主アンリマリー・ド・クシー(クシー領主アンゲラン7世の娘)の息子。

生涯[編集]

父アンリはバル公ロベール1世の長男であったが、ロベール1世に先立って死去した。ロベール1世はアンリの長男ロベールでなく、自身の息子エドゥアール3世を後継者に選び、ポンタ=ムッソン侯位を与えた。これに対してロベールは不満を抱き、祖父ロベール1世を訴えた。最終的に、ロベールはバロワ(Barrois)およびポンタ=ムッソンを放棄する代わりに、多くの城を受け取ることで平和裏に解決した。1413年にマルル伯に陞爵したが、2年後アジャンクールの戦いで戦死した。

子女[編集]

1409年、モー子爵ロベール8世・ド・ベテューヌとイザベル・ド・ギステル(Isabelle de Ghistelles)の娘ジャンヌ(1450年没)と結婚し、1女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Georges Poull, La Maison souveraine et ducale de Bar, 1994.
先代:
シャルル・ド・ヴァロワ
ソワソン伯
1412年 - 1415年
次代:
ジャンヌ
先代:
マルル伯
1413年 - 1415年
次代:
ジャンヌ