ロベルト・ヘーシンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベルト・ヘシンクから転送)
移動先: 案内検索
ロベルト・ヘーシンク
Robert Gesink
Cycling (road) pictogram.svg
Robert Gesink 2015.jpg
個人情報
本名 Robert Gesink
ロベルト・ヘーシンク
愛称 ファルセフェルトのコンドル
生年月日 (1986-05-31) 1986年5月31日(31歳)
国籍 オランダの旗 オランダ
身長 187cm
体重 67kg
チーム情報
所属 チーム・ロットNL・ユンボ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2007–2012
2013-2014
2015-
ラボバンク
ベルキン・プロサイクリング
チーム・ロットNL・ユンボ
主要レース勝利
グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル 2010
ジロ・デッレミリア 2009-2010
ツアー・オブ・カリフォルニア 2012
ツアー・オブ・オマーン 2011
グランプリ・シクリスト・ド・ケベック 2013
ブエルタ・ア・エスパーニャ 区間通算1勝
最終更新日
2016年9月5日

ロベルト・ヘーシンク(Robert Gesink、1986年5月31日- )は、オランダ、ファルスセヴェルト出身の自転車競技選手。チーム・ロットNL・ユンボ所属。ロベルト・ヘシンクと表記されることもある。

経歴[編集]

2007年、ラボバンク・エスポワールから昇格し、ラボバンクとプロ契約。ツーア―・オブ・カリフォルニアで新人賞を獲得。

2008年ブエルタ・ア・エスパーニャでは山岳コースの第13、第14ステージで健闘したこともあり、総合7位に食い込んだ。

2009年ツール・ド・フランスでは、第5ステージで落車事故に遭い、左手首を骨折してリタイアを余儀なくされた。ブエルタ・ア・エスパーニャには間に合い出場。第18ステージまで、総合優勝を果たすことになるアレハンドロ・バルベルデに次ぐ総合2位を堅持する健闘をみせ、最終的に総合6位に入った。

2010年、ツール・ド・スイスでは、難関山岳ステージとなった第6ステージを制して総合首位に立ち第8ステージまで堅持するも、最終第9ステージの個人タイムトライアルで大きく崩れて表彰台にも届かない総合5位に終わった。9月にカナダで行われた2つの新設ワンデイレースで大活躍し、9月10日のグランプリ・シクリスト・ド・ケベックでは3位。そして2日後に行われたグランプリ・シクリスト・ド・モンレアルではペーター・サガンらを破り、見事初代優勝者の座に就き、プロツアー初勝利を飾った。

2012年、度重なる落車での苦難を乗り越えツーア―・オブ・カリフォルニアで総合優勝[1]

2013年にはグランプリ・シクリスト・ド・ケベックで見事2度目のワールドツアー優勝を成し遂げた。

2016年、ブエルタ・ア・エスパーニャのクイーンステージである第14ステージにおいて、長い不調から復活の優勝を獲得し、自身初のグランツールでの勝利となった[2]

主な戦績[編集]

2004年[編集]

  • U19オランダ選手権・タイムトライアル優勝。

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2016年[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]