ロベルト・ウーゴ・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベルト2世・ディ・ボルボーネ=パルマ(Roberto II di Borbone-Parma, 1909年 - 1974年)は、ブルボン=パルマ家家長および名目上のパルマ公1959年 - 1974年)。最後のパルマ公ロベルト1世の孫である。先代の家長エリアスハプスブルク家出身の妻マリア・アンナの次男であるが、兄は夭逝している。

1959年に父の死去によりブルボン=パルマ家の家長、および名目上のパルマ公ロベルト2世となった。1974年に死去するまで結婚せず、嗣子を持たなかったため、父の異母弟であるサヴェリオが家長を継いだ。

先代:
エリアス
ブルボン=パルマ家家長
1959 - 1974
次代:
サヴェリオ