ロブサンジャムツィーン・ムルドルジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロブサンジャムツィーン・ムルドルジモンゴル語: Лувсанжамбын Мөрдорж, ラテン文字:Luvsanjambyn Mördorj、1919年 - 1996年)は、モンゴル作曲家

1950年代から1960年代にかけてのモンゴル楽壇の牽引役の一人。1955年に作曲された交響曲『我らが祖国』[1]はモンゴル初の交響曲であった[2]。また彼はビレギーン・ダムディンスレンとともにモンゴルの国歌を作曲した。作風はピョートル・チャイコフスキーグスタフ・マーラーの影響を受け、センビーン・ゴンチグソムラーエレゼンギーン・チョイドグらとともに「19世紀欧州楽派」と呼ばれた[3]

脚注[編集]

  1. ^ Brown, William A.; Onon, Urgunge; Shirėndėv, B. (1976). History of the Mongolian People's Republic. East Asian Research Center, Harvard University : distributed by Harvard University Press. p. 391. ISBN 978-0-674-39862-7. http://books.google.com/books?id=WecdAAAAMAAJ. 
  2. ^ Sanders, Alan J. K. (2003). Historical dictionary of Mongolia. Scarecrow Press. p. 16. ISBN 978-0-8108-4434-6. http://books.google.com/books?id=Z5umNthHltQC&pg=PA16. 
  3. ^ Marsh, Peter K. (2009). The horse-head fiddle and the cosmopolitan reimagination of tradition of Mongolia. Routledge. p. 108. ISBN 978-0-415-97156-0. http://books.google.com/books?id=F0tq9ikQvZMC&pg=PA108.