ロビー・ニコルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg ロビー・ニコルズ American football pictogram.svg
Robbie Nichols
基本情報
ポジション ラインバッカー
生年月日 (1946-11-17) 1946年11月17日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州クリーブランド
没年月日 (2011-06-24) 2011年6月24日(64歳没)
身長 6' 3" =約190.5cm
体重 220 lb =約99.8kg
経歴
大学 タルサ大学
ドラフト外 1970年
初出場年 1970年
初出場チーム インディアナポリス・コルツ|ボルチモア・コルツ
所属歴

受賞歴・記録

NFL 通算成績
出場試合数 18試合
Player stats at PFR

ロビー・ニコルズ(Robbie Nichols 1946年11月7日-2011年6月24日[1])はオクラホマ州クリーブランド出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはラインバッカー

オクラホマ州のクリーブランド高校、タルサ大学時代には円盤投の選手でもあった。タルサ大学時代、ラインバッカーとしてプレーするとともに、タイトエンドとしてもプレーした。チームには、オールアメリカンに選ばれたジェリー・ローム(Jerry Rhome)やハワード・トゥウィリーが在籍していた。空軍士官学校戦で香港型のインフルエンザに多くの選手がかかり、そのためヒューストン大学に6-100で敗れたことがあったという[1]

オクラホマ大学オクラホマ州立大学アーカンソー大学タルサ大学の選手を対象にした1960年代のオールディケイドチームに選ばれている[1]

NFLドラフトでは指名されなかったものの、当日ボルチモア・コルツから電話が入り、空港で契約を結んだ。アメリカ政府からもベトナム戦争のために徴兵されそうになったが、高血圧のため、1年間の予備役 (Military reserveを務めた後、コルツのロースターに加わった[1]

NFLボルチモア・コルツ1970年1971年の2シーズンプレーした[2]

マイク・カーティステッド・ヘンドリクスレイ・メイの控えであった彼は[1]、1970年、全14試合に出場した。このシーズンチームは第5回スーパーボウルで優勝した。試合終了後、相手のスター選手であるボブ・リリーがグラウンドに叩きつけたヘルメットを拾って、手渡したエピソードが残っている[1]

スーパーボウルで優勝した後、ボストン・ペイトリオッツにトレードされるうわさが出た。オールプロLB3人を擁するコルツでは先発での出場機会を得られないと判断した彼は、チームにトレードを直訴したが、コルツはトレードを拒否、彼はコルツと2年契約を結んだ[1]

ニューヨーク・ジェッツジョー・ネイマスをサックしたことや、カンザスシティ・チーフスレン・ドーソンのパスをインターセプトしたことや、バッファロー・ビルズO・J・シンプソンをオープンフィールドでタックルしたことがある[1]

現役引退後は、高校生へのフットボールコーチ、女子バスケットボールのコーチなどを行っている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Robbie Nichols: Special Memories of a Super Bowl Player (PDF)”. assets.mediaspanonline.com (2011年7月6日). 2014年1月1日閲覧。
  2. ^ Picture of the Day – Robbie Nichols”. oklahomathrows.com (2010年12月28日). 2014年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]