ロバート・H・ディッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・H・ディッケ(Robert Henry Dicke, 1916年5月6日 - 1997年3月4日)は、アメリカ合衆国物理学者天体物理学原子物理学宇宙論、重力理論の分野で重要な貢献をおこなった。

セントルイスで生まれた。プリンストン大学で学んだ後、1939年にロチェスター大学で核物理学の博士号を取得した。第二次世界大戦中はマサチューセッツ工科大学の放射線研究所でレーダーの開発に従事し、ディッケ放射計を設計し、宇宙の背景放射が20K以下であることを示した。

1946年にプリンストン大学に戻り、レーザーや電子の磁気回転比の計測などの研究を行った。宇宙背景放射の発見に貢献した一人で、ジム・ピーブルズデイヴィッド・ウィルキンソンピーター・ロールらと理論的な研究を行い、アーノ・ペンジアスロバート・W・ウィルソンの発見にも重要な役割をはたした。

ディッケは等価原理の枠組みのなかで一般相対性理論の正確性の検証を行った。カール・ブランスとともにブランス・ディッケ理論を作り、それによって、相対論の正しさを証明した結果の一つである水星近日点のニュートン理論からのずれの量をより正確に求められると主張した。

関連項目[編集]