ロバート・ロイ・マグレガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロバート・ロイ・マグレガースコットランドゲール語:Raibeart Ruadh MacGriogair1671年 - 1734年)は、スコットランド英雄義賊として知られる人物。

通称のロブ・ロイは、"赤毛のロブ"を意味し、"スコットランドのロビン・フッド"、"赤毛のロバート"とも呼ばれた。

人物[編集]

スコットランドグレンガイルカトリン湖付近で生まれる。

地域で高名な牧畜業者となるが、ある時地域の貴族が、牛の購入のためロブ・ロイに高額な出資をするが、この資金も牛も返還されないという事件が起こる。その為、彼はアウトローの烙印を押され、家や財産を没収され、逃亡生活を送る。

その後、ジャコバイトの軍に参加し政府軍と対峙するが、最終的には降伏し、恩赦を与えられている。

後にウォルター・スコットの小説に描かれたことから、現在における英雄のイメージの元になった。

その他[編集]

ロブ・ロイという名のカクテルがある。

1971年、ロブ・ロイという名の赤いバラがイギリスで作出された。

ロバート・ロイ・マグレガーを題材とした、リチャード・トッド主演の映画『豪族の砦』が1953年に、リーアム・ニーソン主演の映画『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』が1995年にそれぞれ公開された。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]