ロバート・ホイッタカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロバート・ホイッタカー(Robert Harding Whittaker、1920年12月27日 - 1980年10月20日)は、アメリカ合衆国生物学者コーネル大学教授を務めた。カンザス州出身。ワッシュバーン市立大学英語版を卒業後、イリノイ大学大学院Ph.D.を所得する。専門は植物生態学であり、植生分布の環境傾度分析 (gradient analysis) の手法を確立し、極相パターン説 (climax pattern theory) を提唱した。その他にも植生・植物群落の分布や分類、多様性に関する研究を数多く残している。また五界説の提唱者でもある。

著書・論文[編集]

  • Robert H. Whittaker (1965) Dominance and diversity in plant communities. Science, 147; 250-260.
  • Robert H. Whittaker (1967) Gradient analysis of vegetation. Biol. Rev., 42; 207-264.
  • Robert H. Whittaker (1969) New Concepts of Kingdoms of Organisms. Science, 10; 150-160.
  • Robert H. Whittaker (1972) Evolution and measurement of species diversity. Taxon, 21; 213-251.
  • Robert H. Whittaker (1975) Communities and Ecosystems. Macmillan. ISBN 0-02-427390-2.
  • Robert H. Whittaker(Ed) (1978) Classification of Plant Communities. (Handbook of Vegetation Science.) Kluwer Academic Publishers. ISBN 90-6193-566-0.

参考文献[編集]

  • 沼田真 編 『生態学辞典』(増補改訂版) 築地書館、1995年(第5刷)、505頁、ISBN 4-8067-2350-9