ロバート・ヘンライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・ヘンライ

ロバート・ヘンライ(Robert Henri、1865年6月24日 - 1929年8月12日)はアメリカ合衆国の画家である。

略歴[編集]

オハイオ州シンシナティに不動産業者、J.J.コザード(John Jackson Cozad)の息子、Robert Henri Cozadとして生まれた。1882年に父親が仕事上の紛争から、発砲事件を起こし、コロラドへ逃亡し改名して暮らしたのに伴って、ヘンライも改名した。1883年に家族はニューヨークに移り、さらにアトランティックシティに移った。1886年にペンシルベニア美術アカデミー(Pennsylvania Academy of the Fine Arts)で学んだ後、1888年にフランスに渡り、1889年から1891年まで、アカデミー・ジュリアンウィリアム・アドルフ・ブグローに学び、エコール・デ・ボザールでも学んだ。

1891年にフィラデルフィアに戻り、1892年からフィラデルフィア女子デザイン学校(Philadelphia School of Design for Women)で教師を始めた。フィラデルフィアではジョン・スローン、ウィリアム・グラッケンズらと新しい芸術をめざす美術家の集団、「The Eight」をつくった。都会の下町や労働者階級の人々の生活を写実的に描く運動は「アシュカン派(アシュカン・スクール)」を形成した。「アシュカン派」からはスチュアート・デイヴィスアーサー・ダヴ、ジョセフ・ステラといった画家が生まれた。

1913年にニューヨークなどで開かれた国際展覧会、アーモリーショーに「The Eight」のメンバーとともに出展した。

1906年に、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの会員に選ばれ、1909年からニューヨークのパーソンズ・スクール・オブ・デザイン(後のパーソンズ美術大学)で教えた。自らの美術学校を作り、1912年まで教えた。この時代にヘンライに学んだ学生にはジョージ・ベローズ(George Wesley Bellows)、ケント(Rockwell Kent)、エドワード・ホッパー(Edward Hopper)、レーベン(Norman Raeben)らがいる。1915年から1928年はアート・スチューデンツ・リーグで教えた。

作品[編集]

外部リンク[編集]