ロバート・フィルマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・フィルマー
Robert Filmer.jpg
生誕 Robert Filmer
1588年
イングランド王国の旗 イングランド王国ケントイースト・サットン英語版
死没 1653年5月26日
イングランド王国の旗 イングランド王国
職業 政治思想家
著名な実績 主著『パトリアーカ英語版Patriarcha)』[1]に於いて王権神授説の提唱
影響を受けたもの アリストテレストマス・ホッブズジョン・ミルトンフーゴー・グローティウス
影響を与えたもの ジョン・ロックアルジャーノン・シドニー英語版ジェームズ・ティレル英語版
配偶者 Anne Heton
子供 4人
パトリアーカ英語版Patriarcha)』

サー・ロバート・フィルマー英語:Sir Robert Filmer1588年頃 - 1653年5月26日)は、イングランド王国ケントイースト・サットン英語版出身の政治思想家

1680年公判されたフィルマーの主著『パトリアーカ英語版Patriarcha)』(日本語では『家父長論』などと訳される)[1]は『旧約聖書』を典拠に、人類祖先であるアダムに対して家族子孫などを支配する権利を授け、その権利は代々の家父長に相続されていくのは王権もこの説に由来する[2][3]として絶対君主制の基礎付けとなり、王権神授説の代表的な文献となっている[4]

熱心な王党派ピューリタン革命が起こった際には絶対王権の擁護に努めたため、投獄邸宅の没収を何度もされた[4][5]。余談だが、フィルマーは10回ほど邸宅の略奪にあったとされる[4]

生涯[編集]

1588年頃、イングランド王国ケントのイースト・サットンにサー・エドワード・フィルマー(Sir Edward Filmer)とエリザベス・フィルマー(Elizabeth Filmer)の元に長男として生まれる。

1604年トリニティ・カレッジ入学するが学位は修得せず、翌年1605年にはリンカーン法曹院に通った。

1618年8月8日にアン・ヘトン(Anne Heton)と結婚。セント・レオナルド教会で挙式が行われ、後に3人の息子と1人の娘を育てた。

1629年11月に父のエドワードが亡くなると、フィルマーは父の財産を引き継ぎ、1630年代にはの役員として働いた。この頃より後の主著となる『パトリアーカ』を執筆し始めたとされる[6]

1641年にピューリタン革命が起きると熱烈に王党派としてイギリス国王チャールズ1世を支持したため1643年に投獄され、1647年までには釈放されたとされる[6]

1653年5月26日に亡くなる。

主な著書に1652年に書かれた『政府起源論』や『制限王政の無政府状態』(1648年)、『絶対王権の必要』(1648年)などがある[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ペイトリアーカ』などの表記揺れがある。日本語では『家父長論』や『家父長権論』などの訳があるが、本項目では『パトリアーカ』と表記する。
  2. ^ 万有百科大事典 1975, p. 533.
  3. ^ 大日本百科事典 1967, p. 404.
  4. ^ a b c 世界大百科事典 1972, p. 206.
  5. ^ グランド現代百科事典 1983, p. 153.
  6. ^ a b フィルマーとは - コトバンク、2014年4月1日閲覧。
  7. ^ いずれの訳は半田輝雄の訳に従った。

参考文献[編集]

  • 臺靖鈴木敏平監修『世界史B用語集 改訂版』全国歴史教育研究協議会山川出版社(原著2008年1月31日)、改訂版。ISBN 978-4634033023
  • 松村赳著貝塚茂樹堀米庸三監修『万有百科大事典 9 世界歴史』相賀徹夫編、小学館日本大百科全書〉(原著1975年8月20日)、初版。
  • 松村赳著『大日本百科事典 15 はんーふら』澤田嘉一編、小学館日本大百科全書〉(原著1967年11月20日)。
  • 半田輝雄著『世界大百科事典 26 ヒヤーフヨ』林達夫編、平凡社世界大百科事典〉(原著1972年4月)、1972年版。
  • 今井宏著『グランド現代百科事典 25 ヒモーフラム』鈴木泰二編、学習研究社(原著1983年6月1日)。
  • 仲村計美著『世界文化大百科事典 9 ハツクーホキン』鈴木勤編、世界文化社(原著1971年)。
  • 世界大百科事典 第2版、マイペディア大辞泉大辞林フィルマー』 - コトバンク

関連項目[編集]