ロバート・ファノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロバート・ファノ
Robert Fano 2012-03-13.jpg
ロバート・ファノ(2012年、MITの教授室において)
生誕 ロベルト・マリオ・ファノ
Roberto Mario Fano
(1917-11-11) 1917年11月11日
イタリア王国の旗 イタリア王国 トリノ
死没 2016年7月13日(2016-07-13)(98歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ネイプルズ
市民権 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 計算機科学情報理論
研究機関 マサチューセッツ工科大学
出身校 マサチューセッツ工科大学
論文 Theoretical Limitations on the Broadband Matching of Arbitrary Impedances (1947年)
博士課程
指導教員
アーンスト・ギルマン英語版
主な業績 シャノン・ファノ符号
Project MACの創始者
主な受賞歴 ジェームズ・H・マリガン教育メダル英語版(1977)
クロード・E・シャノン賞(1976)
IEEEフェロー(1954)
プロジェクト:人物伝

ロベルト・マリオ・ファノロバート・ファノ、Roberto Mario "Robert" Fano、1917年11月11日 - 2016年7月13日)は、イタリア系アメリカ人の計算機科学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)の電気工学と計算機科学の教授である[1]

彼は主に、情報理論に関する研究、シャノン・ファノ符号の発明(クロード・シャノンと共に)[2]ファノの不等式の導出などで知られる。また、ファノアルゴリズム英語版を発明し、ファノメトリックを仮定した[3]

生涯[編集]

ファノは、1917年にイタリアトリノで生まれた[4][5]。ファノの父は数学者のジーノ・ファノ、兄は物理学者のウーゴ・ファノであり、いとこに物理学者のジュリオ・ラカー英語版がいる[6]。トリノで育ち、トリノ工科大学英語版(Politecnico di Torino)で工学を学んだ。1939年に、ベニート・ムッソリーニの下で反ユダヤ法英語版が制定されたため、アメリカに移住した[7]。1941年にMITで電気工学の学士号を取得し、同年、MIT放射能研究所英語版の職員となった。1947年にMITでSc.Dを取得した。指導教官はアーンスト・ギルマン英語版で、論文のタイトルはTheoretical Limitations on the Broadband Matching of Arbitrary Impedances(任意インピーダンスの広帯域整合に関する理論的限界)だった[8]。1947年にMITの教員となった。1950年から1953年の間、MITリンカーン研究所でレーダー技術グループを率いていた[9]

1960年代初頭にタイムシェアリングコンピュータの開発に携わり、1963年から1968年までMITのProject MACの創設ディレクターを務めた。同プロジェクトはMITコンピュータ科学・人工知能研究所に発展した[10][11]。ファノは、MIT独自の計算機科学のカリキュラムを作成する手助けもした。彼は1984年に教授を引退した[12]

2016年7月13日に98歳で亡くなった[12]

栄誉[編集]

1954年、「情報理論とマイクロ波フィルタの分野における貢献」でIEEEフェローに選ばれた[13]

1973年に全米技術アカデミー、1978年に米国科学アカデミー、1958年にアメリカ芸術科学アカデミーの会員に選出された[9][14]

1976年、情報理論の分野の業績でクロード・E・シャノン賞を受賞した[9]

著書[編集]

情報理論における研究のほか、ファノはマイクロ波システム[15]、電磁気学、ネットワーク理論、工学教育についての書籍を出版した。彼の著書は以下の通りである。

  • George L. Ragan, ed., Microwave Transmission Circuits, vol. 9 in the Radiation Laboratory Series (as co-author, 1948).
  • Electromagnetic Energy Transmission and Radiation (with Lan Jen Chu英語版 and Richard B. Adler, 1960).
  • Electromagnetic Fields, Energy, and Forces (with Chu and Adler, 1960).
  • Transmission of Information: A Statistical Theory of Communications (1961), 978-0262561693.

脚注[編集]

  1. ^ Markoff, John (2008年3月13日). “Joseph Weizenbaum Dies; Computer Pioneer Was 85”. The New York Times: p. 22. https://www.nytimes.com/2008/03/13/world/europe/13weizenbaum.html 2011年8月15日閲覧。 
  2. ^ Salomon, David (2007). Data compression: the complete reference. Springer. pp. 72–. ISBN 978-1-84628-602-5. https://books.google.com/books?id=ujnQogzx_2EC&pg=PA72 2011年8月15日閲覧。. 
  3. ^ Fano, Robert M. (April 1963). “A heuristic discussion of probabilistic decoding”. IEEE Transactions on Information Theory 9 (2): 64–73. doi:10.1109/tit.1963.1057827. 
  4. ^ Seising, Rudolf (2007-08-08). Fuzzification of systems: the genesis of fuzzy set theory and its initial applications - developments up to the 1970s. Springer. pp. 33–. ISBN 978-3-540-71794-2. https://books.google.com/books?id=rdYRdlM2dAQC&pg=PA33 2011年8月15日閲覧。. 
  5. ^ United States Public Records Index”. FamilySearch. 2013年8月9日閲覧。
  6. ^ The New York Times biographical service. New York Times & Arno Press. (2001). pp. 297. https://books.google.com/books?id=_HkoAQAAIAAJ. 
  7. ^ Morris, Errol (2011年6月23日). “Did My Brother Invent E-Mail With Tom Van Vleck? (Part Five)”. Opinionator. The New York Times. 2012年3月14日閲覧。
  8. ^ Theoretical Limitations on the Broadband Matching of Arbitrary Impedances - MIT Technical Report no. 41”. MIT Research Laboratory of Electronics (1948年1月2日). 2013年5月18日閲覧。
  9. ^ a b c Lee, John A. N. (1995). International biographical dictionary of computer pioneers. Taylor & Francis US. pp. 296–. ISBN 978-1-884964-47-3. https://books.google.com/books?id=ocx4Jc12mkgC&pg=PA296 2011年8月15日閲覧。. 
  10. ^ Wildes, Karl L.; Lindgren, Nilo A. (1985). A century of electrical engineering and computer science at MIT, 1882-1982. MIT Press. pp. 348–. ISBN 978-0-262-23119-0. https://books.google.com/books?id=6ZX-GwvhcnkC&pg=PA348 2011年8月15日閲覧。. 
  11. ^ Belzer, Jack; Holzman, Albert G.; Kent, Allen (1979-05-01). Encyclopedia of computer science and technology: Pattern recognition to reliability of computer systems. CRC Press. pp. 339–. ISBN 978-0-8247-2262-3. https://books.google.com/books?id=IFmaqTI9-KsC&pg=PA339 2011年8月15日閲覧。. 
  12. ^ a b Robert Fano, computing pioneer and founder of CSAIL, dies at 98”. MIT News Office (2016年7月15日). 2016年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年7月15日閲覧。
  13. ^ IEEE Fellows - F”. Institute of Electrical and Electronics Engineers. 2012年3月13日閲覧。
  14. ^ Dates of election per the American Academy and National Academies membership lists.
  15. ^ Lee, Thomas H. (2004). Planar microwave engineering: a practical guide to theory, measurement, and circuits. Cambridge University Press. pp. 93–. ISBN 978-0-521-83526-8. https://books.google.com/books?id=uoj3IWFxbVYC&pg=PA93 2011年8月15日閲覧。. 

外部リンク[編集]