ロバート・デナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロバート・デナード、後ろに描かれているのはDRAMの回路

ロバート・デナード(Robert H. Dennard, 1932年9月5日 - )は、アメリカ合衆国電子工学者で発明家である。

デナードはテキサス州テレルで生まれた。1954年と1956年に南メソジスト大学で、電子工学の学士号と修士号を取得した。博士号は1958年にカーネギー工科大学でとった。その後IBMに勤務して研究を行った。

1968年、デナードはDynamic Random Access Memoryを発明した。また彼は、MOSFETには小型化による途轍もないポテンシャルがあると最初に気づいていた一人である。1970年代に確立した「デナード則」の名で呼ばれる、LSI上のMOSFETは小型化すればするほど高速かつ省電力になる、というスケーリング理論は、ムーアの法則に従った集積度向上による微細化だけで大きな効果があるということを意味し、こんにちのマイクロプロセッサ他による大きな発展の根底を支えた理論と言える。

受賞など[編集]

出典[編集]

  1. ^ 1988 National Medal of Technology.
  2. ^ 2001 IEEE Edison Medal.

外部リンク[編集]