ロバート・スティーヴン・インガーソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・スティーヴン・インガーソル

ロバート・スティーヴン・インガーソル(Robert Stephen Ingersoll, 1914年1月28日 - 2010年8月22日[1])は、アメリカ合衆国実業家外交官

生涯[編集]

1914年、インガーソルはイリノイ州において誕生した。インガーソルは1933年マサチューセッツ州の私立高校フィリップス・アカデミーを卒業し、1937年イェール大学を卒業した。

インガーソルは1972年から1973年まで駐日大使を務め、1973年から1974年まで東アジア・太平洋担当国務次官補を務めた。インガーソルは1974年から1976年まで国務副長官を務めた。

インガーソルはボルグワーナー社で会長兼最高経営責任者を、松下電器産業で会長を務めた。インガーソルはまた、アメリカ合衆国商工会議所の理事会で副会長を務めた。

2010年8月22日、イリノイ州エバンストンの自宅で死去。96歳没[1]

脚注[編集]

公職
先代:
マーシャル・グリーン
アメリカ合衆国国務次官補(東アジア・太平洋担当)
1974年1月8日 - 1974年7月9日
次代:
フィリップ・チャールズ・ハビブ
先代:
ケネス・ラッシュ
アメリカ合衆国国務副長官
1974年7月10日 - 1976年3月31日
次代:
チャールズ・ウェズリー・ロビンソン