ロバート・コエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・コエロ
Robert Coello
サンフランシスコ・ジャイアンツ(マイナー)
Robert Coello on June 16, 2012.jpg
ブルージェイズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州ベイヨン
生年月日 1984年11月23日(30歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト20巡目(全体588位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2010年9月6日 タンパベイ・レイズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・コエロRobert Coello, 1984年11月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ベイヨン出身のプロ野球選手投手)。MLBサンフランシスコ・ジャイアンツ傘下に所属。

ナックルボールのように無回転で揺れ動くフォークボールの使い手として知られる[1]

経歴[編集]

レッズ傘下時代[編集]

2004年、MLBドラフト20巡目(全体588位)でシンシナティ・レッズから捕手として指名され、8月17日に契約。

2005年は肋骨の怪我のためシーズンを全休した。

2006年3月27日に1度もプレーしないまま放出された。

エンゼルス傘下時代[編集]

2006年9月7日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結んだ。

2007年に捕手から投手に転向。ルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスで20試合に登板し、1勝1敗、防御率1.37だった。10月29日にFAとなった。

独立リーグ時代[編集]

2008年に独立リーグ・ゴールデンベースボールリーグカルガリー・ヴァイパーズに入団。12試合に登板し1勝1敗、防御率5.74だった。7月3日にエドモントン・キャピタルズへ移籍。20試合に登板し2勝0敗、防御率1.78だった。

レッドソックス時代[編集]

2008年11月10日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。

2009年はAAA級ポータケット・レッドソックスで開幕を迎え、1試合に登板。4月下旬にA+級セイラム・レッドソックスへ降格。33試合に登板し5勝3敗2セーブ、防御率2.05だった。

2010年はAA級ポートランド・シードッグスで開幕を迎え、14試合に登板。4勝1敗1セーブ、防御率3.32だった。6月にAAA級ポータケットへ昇格。18試合に登板し3勝5敗、防御率4.22だった。9月5日にメジャー初昇格を果たし[2]、翌日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。9点リードの7回表に登板したが、3安打3失点2四球と乱調し、1死しかとれないまま降板した。この年は6試合に登板し、防御率4.76だった。

2011年2月9日にDFAとなった[3]

カブス傘下時代[編集]

2011年2月15日にトニー・トーマスとのトレードでシカゴ・カブスへ移籍[4]。AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎え、30試合に登板。6勝6敗1セーブ、防御率4.45だった。5月27日にDFAとなり、6月4日にAA級テネシー・スモーキーズへ降格。4試合に登板し1勝2敗、防御率3.00だった。11月2日にFAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2011年12月1日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。

2012年はAAA級ラスベガス・フィフティワンズで開幕を迎え、19試合に登板。4勝1敗、防御率3.00だった。5月31日にメジャー昇格。6月7日にAAA級へ降格したが、6月16日に再昇格。6月18日のミルウォーキー・ブルワーズ戦で6回2死から登板。7回裏に1失点し、これが決勝点となり初黒星を喫した。6月26日に再び降格した。7月20日に右肘の故障のため故障者リスト入りした。10月9日に故障者リストから外れ、FAとなった。

エンゼルス復帰[編集]

2013年1月28日に古巣・エンゼルスとマイナー契約を結んだ[5]。開幕をAAA級ソルトレイク・ビーズで迎え、15試合に登板。1勝0敗4セーブだった。5月11日にメジャー昇格[6]。5月18日のシカゴ・ホワイトソックス戦では1点ビハインドの5回1死から登板。1.2回を無安打無失点3奪三振に抑え、初勝利を挙げた。6月11日に右肩の故障で15日間の故障者リスト入りした。8月21日に60日間の故障者リストに異動。9月2日にAA級アーカンソー・トラベラーズで1試合登板した。この年はメジャーで16試合に登板し、2勝2敗1セーブ、防御率3.71だった。10月10日にFAとなった。

エンゼルス退団後[編集]

2014年1月8日にニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結んだ[7]。7月2日に解雇となり、11日にボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結ぶ。

2015年2月17日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結ぶ。

脚注[編集]

  1. ^ 月刊スラッガー 『2014 MLB選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、18頁。ISBN 978-4-905411-18-5
  2. ^ Red Sox select RHP Robert Coello to active roster”. MLB.com Red Sox Press Release (2010年9月5日). 2014年2月14日閲覧。
  3. ^ Red Sox Sign Right-Handed Pitcher Alfredo Aceves To One-Year Contract; Sign Left-Handed Pitcher Dennys Reyes To Minor League Contract With Invitation To Major League Spring Training Camp”. MLB.com Red Sox Press Release (2011年2月9日). 2014年2月14日閲覧。
  4. ^ Cubs Acquire Right-Handed Pitcher Robert Coello From Boston For Minor League Infielder Tony Thomas”. MLB.com Cubs Press Release (2011年2月15日). 2014年2月14日閲覧。
  5. ^ Alden Gonzalez (2013年1月28日). “Angels add Coello on Minor League deal”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  6. ^ Alden Gonzalez (2013年5月11日). “Angels relievers are working plenty of overtime”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。
  7. ^ Joey Nowak (2014年1月29日). “Yankees sign nine to Minor League deals”. MLB.com. 2014年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]