ロバート・ガスコイン=セシル (第5代ソールズベリー侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5代ソールズベリー侯爵
ロバート・ガスコイン=セシル
Robert Gascoyne-Cecil, 5th Marquess of Salisbury
Major General Wynter and Lord Cranborne.jpg
自治領大臣のクランボーン卿とヘンリー・ウィンター陸軍少将(肩書・階級は1940年12月当時)
生年月日 1893年8月27日
出生地 イギリスの旗 イギリスハートフォードシャー州、ハットフィールド英語版ハットフィールド・ハウス英語版
没年月日 1972年2月23日 (満78歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスハートフォードシャー州、ハットフィールドハットフィールド・ハウス
所属政党 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
王立協会フェロー (FRS)
親族 第3代ソールズベリー侯爵 (祖父)
第4代ソールズベリー侯爵 (父)
第4代ハーレック男爵 (義兄)
第7代ソールズベリー侯爵 (孫)
配偶者 エリザベス・キャヴェンディッシュ

内閣 第2次チャーチル内閣
任期 1943年9月24日 - 1945年7月26日
国王 ジョージ6世

内閣 第3次チャーチル内閣
任期 1951年10月28日 - 1952年
国王 ジョージ6世

内閣 第3次チャーチル内閣
任期 1952年3月12日 - 1952年11月24日
国王 ジョージ6世

内閣 第3次チャーチル内閣イーデン内閣
任期 1952年11月25日 - 1957年3月29日
国王 ジョージ6世エリザベス2世
テンプレートを表示

第5代ソールズベリー侯爵ロバート・アーサー・ジェイムズ・ガスコイン=セシル: Robert Arthur James Gascoyne-Cecil, 5th Marquess of Salisbury1893年8月27日 - 1972年2月23日)は、イギリスの貴族・政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)。

1903年から1947年まで「クランボーン子爵」の儀礼称号を称した。

経歴[編集]

第4代ソールズベリー侯爵ジェイムズ・ガスコイン=セシルと、その妻である第5代アラン伯爵英語版アーサー・ゴア英語版の娘シシリーの間に長男として生まれる。ヴィクトリア朝期に首相を務めた第3代ソールズベリー侯爵ロバート・ガスコイン=セシルは父方の祖父にあたる。

イートン・カレッジを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶが、第一次世界大戦グレナディアガーズ中尉として従軍したため学位は取得しなかった。

1929年イギリス総選挙で南ドーセット州選挙区から初当選し、1941年まで庶民院議員。1935年から1938年まで外務省政務次官Parliamentary Under-Secretary of State for Foreign Affairs)を、1940年に主計長官Paymaster General)を、1940年から1942年まで自治領大臣Secretary of State for Dominion Affairs; ドミニオン大臣)をそれぞれ務めた。1941年に父親の爵位の従属称号「セシル男爵」として貴族院に招集され(writ of acceleration)、貴族院議員となる。その後は1942年に植民地大臣Secretary of State for the Colonies)、1942年から1943年まで王璽尚書を歴任。1942年から1945年までは貴族院院内総務Leader of the House of Lords)を兼ね、1943年から1945年は自治領大臣に再任された。1947年に父親から爵位を相続。

1950年代は、サー・ウィンストン・チャーチル、サー・アンソニー・イーデンハロルド・マクミランの下で1951年から1952年まで王璽尚書を[1]、1951年から1957年まで貴族院院内総務を、1952年に英連邦大臣Secretary of State for Commonwealth Relations; コモンウェルス大臣)を、1952年から1957年まで枢密院議長英語版を務めた。

1957年1月、イーデンが後任を女王エリザベス2世に推薦せずに首相を辞職した時、候補はラブ・バトラー英語版とマクミランの二人がいた。女王はどちらに大命を降すべきかの助言をチャーチルやエドワード・ヒース、ソールズベリーらに求めた。この時圧倒的な支持でマクミランが組閣を命じられたことはメディアに驚きをもって迎えられたが、後にバトラーは庶民院の新人議員に大きな反バトラー派が存在していたことを回顧録で認めた。

ソールズベリーは、強硬な帝国主義者として知られていた。1952年に英連邦大臣であった彼は、イギリス人女性と結婚したセレツェ・カーマベチュアナランド(現ボツワナ)への帰国を妨げようと試みた。1960年代も、南アフリカ共和国南ローデシア(現ジンバブエ)を統治する白人政府の忠実な弁護者であった。貴族院のリベラルな改革にも強く反対していたが、一方で「総選挙でマニフェストとして掲げられた法案について貴族院は第2・第3読会で反対できない」とするソールズベリー・ドクトリンを作ってもいる。

1961年にソールズベリーは保守党内の右派グループであるConservative Monday Clubの初代代表となり、死去するまで務めた。

またソールズベリーは1951年から1971年までリヴァプール大学の総長でもあった。1970年にはアパルトヘイト支持をはじめとする反動的主張を行う彼の解任を求め、学生が上院議事堂を占拠する事件が起きている。

1940年に枢密顧問官に列せられ、1946年にガーター勲章を受勲[2]。1960年から1972年まはガーター騎士団の長官(Chancellor of the Order of the Garter)に任じられていた。1957年には王立協会のフェローにも選出されている[3]

家族[編集]

リチャード・キャヴェンディッシュ卿英語版の娘であるエリザベス・ヴェア・キャヴェンディッシュと1915年12月8日に結婚した。夫人との間には三男が生まれたが、爵位を継いだ長男のクランボーン子爵ロバート・エドワード・ピーター・ガスコイン=セシル以外の二子には先立たれている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ London Gazette: no. 39374, p. 5716, 1951年11月2日. 2012年12月24日閲覧。
  2. ^ London Gazette: (Supplement) no. 37807, p. 5945, 1946年12月3日. 2012年12月24日閲覧。
  3. ^ Gascoyne-Cecil; Robert Arthur James (1893 - 1972); 5th Marquess of Salisbury” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年12月24日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
初代カルデコート子爵
自治領大臣
1940年 - 1942年
次代:
クレメント・アトリー
先代:
初代モイン男爵
植民地大臣
1942年
次代:
オリヴァー・スタンリー
先代:
サー・スタッフォード・クリップス
王璽尚書
1942年 - 1943年
次代:
初代ビーヴァーブルック男爵
先代:
初代モイン男爵
貴族院院内総務
1942年 - 1945年
次代:
初代アディソン子爵
先代:
クレメント・アトリー
自治領大臣
1943年 - 1945年
次代:
初代アディソン子爵
先代:
リチャード・ストークス
王璽尚書
1951年 - 1952年
次代:
ハリー・クルックシャンク
先代:
初代アディソン子爵
貴族院院内総務
1951年 - 1957年
次代:
第14代ヒューム伯爵
先代:
初代イズメイ男爵
英連邦大臣
1952年
次代:
初代スウィントン子爵
先代:
初代ウールトン男爵
枢密院議長
1952年 - 1957年
次代:
第14代ヒューム伯爵
先代:
ジェイムズ・ガスコイン=セシル
ソールズベリー侯爵
第5代: 1947年 - 1972年
次代:
ロバート・ガスコイン=セシル