ロバート・オブライエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Robert C. O'Brien.jpg

ロバート・オブライエン英語: Robert C. O'Brien、 )は、アメリカ合衆国政治家外交官

外交活動[編集]

2012年アメリカ合衆国大統領選挙では、共和党候補だったミット・ロムニーの外交政策顧問を務めた。2016年に出版した著書では、バラク・オバマ前大統領が進めたイラン核合意を強く批判。中華人民共和国への警戒感も露わにしている[1]

人質問題担当特使[編集]

2018年5月、人質問題担当特使に就任。アメリカ国外で人質になったアメリカ人の解放に向けた外交交渉を担当[2]

トルコで軟禁されていた牧師アンドリュー・ブランソンの解放に関わったほか[3]スウェーデンで暴力事件を起こして拘束されていたラッパーエイサップ・ロッキーの帰国交渉などにも当たった[4]

国家安全保障問題担当大統領補佐官[編集]

2019年9月18日ドナルド・トランプ大統領により国家安全保障問題担当大統領補佐官に指名。指名に当たっては、マイク・ポンペオ国務長官の後押しを得ていた。就任すれば、4人目の国家安全保障問題担当大統領補佐官となる[5]

2020年2月5日ロシアとの間で新戦略兵器削減条約に関する交渉を始めることを表明した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米大統領補佐官に国務省高官 ポンペオ氏の影響拡大も”. 日本経済新聞 (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  2. ^ ボルトン氏後任、米大統領補佐官にオブライエン氏…ポンペオ氏が進言か”. 読売新聞 (2019年9月18日). 2019年9月19日閲覧。
  3. ^ ポンペオ長官の影響力拡大=新安保補佐官に国務省高官-トランプ米政権”. 時事通信 (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  4. ^ トランプ氏、安保担当補佐官にオブライエン人質問題特使を起用”. ロイター. 2019年9月19日閲覧。
  5. ^ 米大統領補佐官にオブライエン氏、トランプ大統領が発表”. CNN (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。
  6. ^ ロシアとの核軍縮交渉、近く開始へ 米補佐官”. CNN (2020年2月6日). 2020年2月5日閲覧。
公職
先代:
ジョン・ボルトン
アメリカ合衆国
国家安全保障問題担当大統領補佐官

2019年9月18日 -
次代:
現職