ロバロー (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Robalo (SS-273).jpg
艦歴
発注
起工 1942年10月24日[1]
進水 1943年5月9日[1]
就役 1943年9月28日[1]
退役
除籍 1944年9月16日
その後 1944年7月2日[2]
もしくは7月26日に戦没
性能諸元
排水量 1,525トン(水上)[3]
2,424トン(水中)[3]
全長 307 ft (93.6 m)(水線長)
311 ft 9 in (95.02m)(全長)[3]
全幅 27.3 ft (8.31 m)[3]
吃水 17.0 ft (5.2 m)(最大)[3]
機関 ゼネラル・モーターズ248型16気筒6,500馬力ディーゼルエンジン 4基[3]
ゼネラル・エレクトリック2,740馬力発電機2基[3]
最大速 水上:21 ノット (39 km/h)[4]
水中:9 ノット (17 km/h)[4]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[4]
試験深度 300 ft (90 m)[4]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[4]
乗員 (平時)士官6名、兵員54名[4]
兵装 (竣工時)3インチ砲1基、20ミリ機銃2基[5]
21インチ魚雷発射管10基

ロバロー (USS Robalo, SS-273) は、アメリカ海軍潜水艦ガトー級潜水艦の一隻。艦名はスズキ亜目セントロポマス科に属する大型魚「スヌーク」のスペイン語名ロバローに因む。

コモン・スヌーク(メキシコ名Robalo blanco)
ファット・スヌーク(メキシコ名Robalo chucumite)

艦歴[編集]

ロバローは1942年10月24日にウィスコンシン州マニトワックマニトワック造船で起工する。1943年5月9日にE・S・ルート夫人によって進水し、艦長ステファン・H・アンブルスター中佐(アナポリス1928年組)の指揮の下1943年9月28日に就役する。ロバローはミシシッピ川乾ドックに乗せられ曳航されたのち、真珠湾に回航され太平洋戦線での任務に就いた。

哨戒[編集]

1944年1月8日、ロバローは最初の哨戒でルソン島西方に向かった[6]。1月末から2月にかけては、レガスピサマール島スリガオ海峡方面などで行動し、セブからサンベルナルジノ海峡を経由する交通路を哨戒したほか、ボアク島近海でも行動した[7]。2月13日夕刻、ロバローは北緯13度30分 東経121度13分 / 北緯13.500度 東経121.217度 / 13.500; 121.217ベルデ島水路で2隻の輸送船を発見し、そのうちの一隻に対して魚雷を4本発射[8]。1本が命中したが、ロバローは「手負い」の輸送船に更なる攻撃を行わなかった[9]。間もなく浮上すると、護衛の掃海艇が挑戦してきたのでロバローも3インチ砲で応戦したが、25発から30発撃ったところで砲戦は終わった[10]。3月6日、ロバローは57日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[11]

帰投後、この哨戒でのアンブルスター艦長の怠慢な姿勢に批判が向けられた。2月13日の攻撃の件のほか、ハッド (USS Haddo, SS-255) が探知した強力な日本艦隊に対して[12]、他の潜水艦、フラッシャー (USS Flasher, SS-249)、ホー (USS Hoe, SS-258)、ヘイク (USS Hake, SS-256) およびレッドフィン (USS Redfin, SS-272) と違って立ち向かわなかったこと[13]など、アンブルスター艦長の攻撃があまりにも消極的で闘志がないと判断された。この方面の潜水部隊司令官ラルフ・クリスティ英語版少将は、太平洋艦隊潜水部隊司令官チャールズ・A・ロックウッド中将に対して、「アンブルスターは艦長としてはふさわしくない。アンブルスターに合う職があるなら、そこに入れてくれ」と要請する[14]。その結果、3月29日付けでアンブルスター中佐は艦長の任を解かれ[15]ミッドウェー島の潜水艦基地のスタッフに左遷された[14]。後任の艦長にはマニング・キンメル少佐(アナポリス1935年組。元合衆国艦隊太平洋艦隊司令長官ハズバンド・キンメル提督の息子)が就任した[15][16]

1944年4月10日、ロバローは2回目の哨戒で南シナ海インドシナ半島方面に向かった[17]ダーウィンを経由し[18]、哨戒海域に到着。4月24日夕方、北緯10度21分 東経109度32分 / 北緯10.350度 東経109.533度 / 10.350; 109.533サイゴン沖で浮上航行中のロバローは、ヒ58船団に属していた空母海鷹からの九七式艦攻に発見された[19][20]。ロバローは潜航を開始したが、対潜爆弾が左舷部で炸裂。また乗組員がパニックに陥って機器の操作を誤ったため、過剰な浸水が発生してしまった。ロバローは深度105メートルにまで沈下したが辛うじて危機を脱し、修理の上哨戒を期限まで続けた[21][22]。5月3日朝には北緯11度57分 東経109度18分 / 北緯11.950度 東経109.300度 / 11.950; 109.300の地点で3隻の輸送船を発見して魚雷を6本発射したが、陸岸に当たっただけで終わった[23]。5月8日、ロバローは北緯13度43分 東経114度16分 / 北緯13.717度 東経114.267度 / 13.717; 114.267の地点でジグザグかつ17ノットで航行する輸送船を発見して魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった[24]。5月16日夜にも、北緯11度13分 東経115度38分 / 北緯11.217度 東経115.633度 / 11.217; 115.633の地点で駆逐艦に護衛された「7,500トン級タンカー」を発見し二度にわたって魚雷を計10本発射し、目標を撃沈したと判断したが、実際は不成功に終わった[25]。5月30日、ロバローは51日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[26]

6月22日、ロバローは3回目の哨戒で南シナ海のナトゥナ諸島近海に向かった。ロバローはマカッサル海峡バラバク海峡を通過し、予定では7月6日頃に担当海域に到着、8月2日まで留まることになっていた。7月2日、ロバローは北緯03度29分 東経119度26分 / 北緯3.483度 東経119.433度 / 3.483; 119.433の地点を浮上航行中にタラカン島に入港しつつあった扶桑型戦艦1番艦「扶桑」と護衛の駆逐艦3隻(満潮野分山雲)を発見し司令部に打電した[27][28]。扶桑以下は3回にわたる渾作戦に参加した後に後退し、に向かう途中に燃料を搭載のために入港したものであった[29]。ロバローは報告はしたものの、結局攻撃の機会は逸したと考えられる。また、「扶桑」を護衛していた駆逐艦は爆雷を威嚇のために投下しただけだった。この時、ロバローはボルネオ島の真東に位置していた。その後ロバローからの報告はなく、哨戒から帰投することはなかった。ロバローは喪失したと推定された。

喪失[編集]

8月2日、フィリピンパラワン島プエルト・プリンセサにある捕虜収容所の独房の窓から一片の紙切れが落とされた。それは近くで仕事をしていたアメリカ兵に拾われ、更に収容所に収容されていた通信士官のH・D・ホウに手渡された。8月4日にホウはゲリラのリーダー、ドクター・メンドーサの妻であるトリニダードと連絡を取った。彼らからの情報によれば、ロバローは7月26日(もしくは7月2日)、パラワン島の西部海岸から2マイル沖合(バラバク島南東)で浮上航行中、後部搭載砲付近の爆発後に沈没したとされる[2][30]。 おそらく機雷に接触したものと思われる。バラバク海峡には1943年3月に機雷が敷設されており、ロバローが海峡を通過する約4カ月前の1944年3月には、第三南遣艦隊敷設艦津軽が機雷原を強化していた[31]。キンメル艦長は漂流中に行方不明となった[32][33]。 ロバローの生存者は士官1名を含む4名のみが海岸に泳ぎ着き、ジャングルを通ってプエルト・プリンセサ捕虜収容所の北西にたどり着いた。7月8日、日本の憲兵隊は4名をとらえ投獄した[34]。 8月15日に彼らは日本の駆逐艦[注釈 1]によって移送され、8月19日に特設駆潜艇「高雄丸」が受領した[35][36]。その後は消息不明となった。ロバローは1944年9月16日に除籍された。

ロバローの喪失が宣告された後、キンメル艦長の弟でバラオ (USS Balao, SS-285) に乗艦していたトーマス・キンメルは、合衆国艦隊司令長官兼海軍作戦部長アーネスト・キング大将直々の命令により、戦死の危険性が極めて少ない陸上勤務に配置換えとなった[37][38]。トーマス・キンメルは海上勤務への復帰を何度も願い出たが、そのつど却下された[37][38]。その後、トーマス・キンメルはバーゴール (USS Bergall, SS-320) の艦長に就任したが、ほどなく終戦となった[37][38]

ロバローは第二次世界大戦の戦功で2個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ側では、この駆逐艦は朝風《8月23日沈没》か夕凪《8月25日沈没》と推定している。

出典[編集]

  1. ^ a b c #SS-273, USS ROBALO p.2
  2. ^ a b #パラワン憲高第51号p.16『七.二.二〇〇〇敵潜浮上航行中電池爆発沈没』
  3. ^ a b c d e f g #Bauer
  4. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  5. ^ #SS-273, USS ROBALOp.3,8
  6. ^ #SS-273, USS ROBALO p.5
  7. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.5-6, p.8
  8. ^ #SS-273, USS ROBALO p.8
  9. ^ #SS-273, USS ROBALO p.8, pp.15-16
  10. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.8-9
  11. ^ #SS-273, USS ROBALO p.11
  12. ^ #Blair p.616
  13. ^ #Blair pp.617-618
  14. ^ a b #Blair p.582
  15. ^ a b #SS-273, USS ROBALO p.25
  16. ^ #パラワン憲高第56号pp.4-5『キンメール少佐ハ大東亜戰勃発當時米海軍太平洋艦隊司令長官キンメル大将ノ子ナリト』
  17. ^ #SS-273, USS ROBALO p.26
  18. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.26-27
  19. ^ #SS-273, USS ROBALO p.47
  20. ^ #一護1904 p.31
  21. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.30-31
  22. ^ #木俣敵潜1989 pp.251-252
  23. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.36-37, pp.48-49
  24. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.38-39, pp.49-51
  25. ^ #SS-273, USS ROBALO pp.41-42, pp.51-54
  26. ^ #SS-273, USS ROBALO p.44
  27. ^ #SS-273, USS ROBALO p.68
  28. ^ #木俣敵潜1989 pp.115-116
  29. ^ #四駆1907 p.3
  30. ^ #パラワン憲高第55号p.11『三 逮捕ニ至ル迄ノ経緯/前記ノ者潜水艦「ロバロ」號ニ乗組ミ南支那海ニ於テ日本軍ノ航行艦船ヲ撃沈スヘク任務ヲ以テ本年六月二十二日豪州「ポートダーウィン」ヲ出發「チモール」海ヲ通過シ「バング」海「モルッカス」海峡ヲ経テ「セレベス」及「スルー」海ニ入リ「パラワン」州「バラバック」海峡ヲ通過スヘク七月二日二〇〇〇頃「バラバック」島東方約三〇哩海上ヲ浮上航行中突如潜水艦艦尾部ニ在リタル電池爆發シ約二分間ニシテ沈没セリ』
  31. ^ #木俣敵潜1989 p.116
  32. ^ #パラワン憲高第55号p.14『尚前記ノ者ノ潜水艦爆沈當時目撃セル状況ニ依レバ漂流シアリタル艦長キンメール少佐以下六命中二名ノ者ハ漂流中溺死セルヲ目撃セルモ其ノ他ノ者ハ途中見失ヒ不明トナリタリ又當時艦内勤務ニ從軍シアリタルモノハ全員潜水艦ト共ニ沈没セリト』
  33. ^ #パラワン憲高第56号p.1『米國潜水艦「ロバロ」號艦長マイニス エム キンメル少佐ハ潜水艦爆沈前浮上航行中(七月二日十九時四十分頃)艦上ニ於テ艦上勤務員ヲ指揮シアリタリ』
  34. ^ #パラワン憲高第51号p.9『(2)七月二日二〇.〇〇頃大型敵潜水艦一隻(一八〇〇噸)ハ「パラワン」州「バラバック」島東方海上約三〇哩地點ニ於テ浮上航行中電池爆發沈没セリ 然シテ艦長少佐エム・エム・キンメル以下乗組員七三命中米國海軍少尉サミュエル・ロバードタッカー以下四名ハ漂流中七月七日「バラバツク」島ニ漂着彷徨中ヲ七月八日所在パラワン地區防備隊及海軍警備隊ニ依テ逮捕セラレタリ』
  35. ^ #身柄受領証p.1『身柄受領證(略)昭和十九年八月十九日 第三南遣艦隊司令部付 高雄丸艇長 相田作太郎 パラワン憲兵分隊長殿』
  36. ^ #身柄引渡通牒p.1『(略)第三南遣艦隊司令部 高雄丸艇長 相田朔太郎ニ身柄及取調書類相添ヘ引渡シタルニ付報告「通牒」ス』
  37. ^ a b c #Blair p.688
  38. ^ a b c #谷光 p.530

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-273, USS ROBALO. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-273_robalo?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『自昭和十九年四月一日至昭和十九年四月三十日 第一海上護衛隊戦時日誌抜萃』。Ref.C08030140600。
    • 『自昭和十九年五月一日至昭和十九年五月三十一日 第十一特別根拠地隊戦時日誌』、33-45頁。Ref.C08030257600。
    • 『自昭和十九年七月一日至昭和十九年七月三十一日 第四駆逐隊(隊及満潮)戦時日誌』。Ref.C08030146000。
    • 『パラワン憲高第51号 憲兵月報(自6月25日至7月28日)』。Ref.C14061193700。
    • 『覚 敵潜水艦乗組員身柄引渡に関する件報告「通牒」 昭和19年8月19日』。Ref.C14061194100。
    • 『パラワン憲高第55号 米潜水艦捕虜の取調状況 昭和19年8月18日』。Ref.C14061194200。
    • 『覚 身柄受領証』。Ref.C14061194300。
    • 『パラワン憲高第56号 情報 昭和19年8月8日』。Ref.C14061194400。
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎 『日本戦艦戦史』 図書出版社、1983年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 木俣滋郎 『敵潜水艦攻撃』 朝日ソノラマ1989年ISBN 4-257-17218-5
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 271-273. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 谷光太郎 『米軍提督と太平洋戦争』 学習研究社2000年ISBN 978-4-05-400982-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]