ロナルド・マクネイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロナルド・アーヴィン・マクネイア
Ronald Ervin McNair
NASA所属宇宙飛行士
現況 死去
誕生 1950年1月21日
サウスカロライナ州レイクシティ
死没 1986年1月28日(36歳)
フロリダ州ケープ・カナベラル
他の職業 科学者
宇宙滞在期間 7日23時間15分
選抜試験 1978年NASA選抜試験
ミッション STS-41-B
STS-51-L
記章 Sts-41-b-patch.png STS-51-L-patch-small.png

ロナルド・マクネイア(Ronald Ervin McNair、1950年10月21日-1986年1月28日)は、アフリカ系アメリカ人の物理学者であり、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士である。マクネイアは、STS-51-Lチャレンジャー号爆発事故で死亡した。

マクネイアは、1950年10月21日にサウスカロライナ州レイクシティで生まれ、アフリカ系アメリカ人で2人目の宇宙飛行士となった。彼は1971年に、グリーンズボロノースカロライナAT&T州立大学の物理学科を第2位の成績で卒業した。1976年にマサチューセッツ工科大学から物理学の博士号を得た。

マクネイアはレーザー物理学の分野の研究で知られ、1978年のNASAへの数万通の応募の中から35人の候補に選ばれた。3つの名誉博士号、空手黒帯を持ち、サキソフォン奏者でもあった。オメガ・プサイ・ファイフラタニティーのメンバーでもある。

1986年1月26日、マクネイアの乗ったチャレンジャー号が大西洋沿岸9マイルの地点で爆発し、他の6名の宇宙飛行士とともに死亡した。

[編集]

マサチューセッツ工科大学を卒業後、彼はカリフォルニア州マリブヒューズ研究所に物理学者として勤めた。1970年代にNASAが次の宇宙計画のため、少人数の宇宙飛行士の募集を行った。マクネイアは1978年に採用され、1984年2月にミッションスペシャリストとしてチャレンジャーでSTS-41-Bのミッションに参加した。

このミッションに続いて、彼はSTS-51-Lに選ばれ、1986年1月に打ち上げられた。マクネイアはサキソフォン奏者であり、ミッションの前にジャン・ミッシェル・ジャールとともにジャールの新アルバムスペース・ランデヴーの収録曲の製作を行っていた。マクネイアは、宇宙空間でサキソフォンのソロ部分を収録することを計画していた。ジェミニ6号内で、ハーモニカによるジングルベルの演奏が行われた例はあるものの、これは宇宙で収録された初の音楽作品となる予定であった。しかし、打上げ73秒後に固体ロケットブースターが爆発し、乗組員全員が死亡するという事故が起こってしまった。

名誉など[編集]

故郷のレイクシティにあるマクネイアの記念碑
レイクシティにあるマクネイアの墓
ブルックリンのロナルド・マクネイア公園
ヒューストンのロナルド・マクネイア中南部警察署

多くの公共の場所等が、マクネイアの名誉を称えて改名されている。

  • クレーターマクネイアは、彼の名前にちなんで名付けられた。
  • ワトソン・チャペル中学校は、R・マクネイア中学校に改名された。
  • サウスカロライナ州レイクシティのロナルド・マクネイア大通り[1]は彼の名前にちなんで名付けられた。近くにはチャレンジャーの事故で亡くなった別の宇宙飛行士の名前がついた通りもある。
  • アメリカ合衆国教育省は収入の低い博士課程の大学院生のためにロナルド・E・マクネイア奨学金を提供している。
  • サウスカロライナ州のフランシス・マリオン大学には、ロナルド・マクネイア数学科学センターが建設された。
  • テキサス州ヒューストンのウィローリッジ高校の建物にマクネイアの名前が付けられた。
  • ニューヨークブルックリンにはロナルド・マクネイア公園がある[2] [3]
  • ミシシッピ州ジャクソンのプラネタリウムには、ロナルド・E・マクネイアスペースシアターがある。

出典[編集]

外部リンク[編集]