ロナルド・ドーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロナルド・フィリップ・ドーア(Ronald Philip Dore, CBE, 1925年2月1日 - )は、イギリス社会学者。専攻は日本の経済および社会構造、資本主義の比較研究で、知日派として知られる。ロンドン大学名誉教授、同志社大学名誉文化博士。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス特別研究員、英国学士院会員、アメリカ芸術科学アカデミー会員、日本学士院客員。国際ビジネス学会の紹介によると、実地調査に基づく理論構築に優れ、社会学のみならず、経済学、人類学、歴史学、比較産業研究の各分野に貢献した[1]

略歴[編集]

受賞・栄誉[編集]

著書[編集]

  • 英語著書多数。

単著[編集]

  • 『都市の日本人』青井和夫塚本哲人岩波書店 1962
  • 『日本の農地改革並木正吉,高木径子,蓮見音彦訳 岩波書店 1965
  • 『江戸時代の教育』 松居弘道訳 岩波書店 1970
  • 学歴社会新しい文明病』松居弘道訳、岩波現代選書 1978 /新版 同時代ライブラリー / 特装版岩波現代選書 / 岩波モダンクラシックス
  • 『貿易摩擦の社会学 イギリスと日本』 田丸延男訳 岩波新書 1986
  • 『イギリスの工場・日本の工場 労使関係の比較社会学山之内靖・永易浩一訳 筑摩書房 1987 / ちくま学芸文庫
  • 『21世紀は個人主義の時代か 西欧の系譜と日本』加藤幹雄訳 サイマル出版会 1991
  • 『「こうしよう」と言える日本』朝日新聞社 1993
  • 『不思議な国日本』筑摩書房 1994
  • 『「公」を「私」すべからず やっぱり不思議な国日本』筑摩書房 1997
  • 『日本型資本主義と市場主義の衝突 日・独対アングロサクソン』藤井眞人訳 東洋経済新報社 2001
  • 『働くということ グローバル化と労働の新しい意味』石塚雅彦中公新書 2005
  • 『誰のための会社にするか』岩波新書 2006
  • 『金融が乗っ取る世界経済 21世紀の憂鬱』中公新書 2011
  • 『日本の転機 ─米中の狭間でどう生き残るか』ちくま新書 2012
  • 『幻滅 外国人社会学者が見た戦後日本70年』藤原書店 2014

共著[編集]

編著[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b AIB Fellow - Ronald P. Dore”. 2010年3月28日閲覧。
  2. ^ London School of Economics Biography page”. 2010年3月28日閲覧。
  3. ^ Interview of Ronald Dore”. 2010年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]