ロドリゴ・タバタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はバルボーサ第二姓(父方の)はタバタ (日本名:田畑)です。
ロドリゴ・タバタ Football pictogram.svg
Rodrigo Tabata 2012 1 (cropped).jpg
名前
本名 ロドリゴ・バルボーザ・タバタ
Rodrigo Barbosa Tabata
カタカナ ロドリゴ・タバタ
ラテン文字 RODRIGO TABATA
基本情報
国籍 カタールの旗 カタール
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1980-11-19) 1980年11月19日(36歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州
アラサトゥバポルトガル語版
身長 171cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム カタールの旗 アル・ラーヤンSC
ポジション MF
背番号 10
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 ブラジルの旗 パウリスタ 5 (2)
2000 ブラジルの旗 サンベント 7 (2)
2001 ブラジルの旗 サント・アンドレ 5 (1)
2001 ブラジルの旗 フェロヴィアーリオ-CE 5 (0)
2001 ブラジルの旗 インテル・デ・リメイラ 6 (4)
2002 ブラジルの旗 トレーゼ 7 (3)
2002 ブラジルの旗 セラーノ-PB 2 (1)
2002 ブラジルの旗 セアラー 4 (2)
2003 ブラジルの旗 キンゼ・デ・ピラシカーバ 3 (7)
2003 ブラジルの旗 カンピネンセ 17 (4)
2003 ブラジルの旗 アメリカ-RN 5 (2)
2004-2005 ブラジルの旗 ゴイアス 75 (18)
2006-2008 ブラジルの旗 サントス 154 (42)
2008-2009 トルコの旗 ガズィアンテプスポル 27 (12)
2009-2011 トルコの旗 ベシクタシュ 30 (2)
2010-2011 カタールの旗 アル・ラーヤン (loan) 11 (7)
2011- カタールの旗 アル・ラーヤン 35 (23)
2014 カタールの旗 アル・サッド (loan) 22 (13)
代表歴
2016-  カタール 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロドリゴ・タバタ(Rodrigo Tabata、1980年11月19日 - )は、ブラジルサンパウロ州出身のサッカー選手。日系3世、カタール代表。ポジションはミッドフィールダーで主にトップ下。本名はロドリゴ・バルボーザ・タバタ (Rodrigo Barbosa Tabata) 。

経歴[編集]

名門サントスFCの10番を背負った日系人ということで、注目を浴びた。本人はワールドカップ出場の思いは強いが、ブラジル代表は層が厚いため可能性が低い。しかし幸いにも代表歴がないため、日本国籍を取得して日本代表として出場したいとNHKの特集でコメントしたことがあるものの、最終的にはカタール国籍を取得して同国代表となった。

一般的に日系ブラジル人は勤勉で温厚とされているが、彼は気性が荒く、感情を表に出すプレーを見せる。故にラフプレーや審判への抗議で警告を受けることも少なくない。ボールをもらい積極的に前へ出るタイプであり、パサーとしての役割も務める。フリーキックの名手である。

2005年ゴイアスECで大活躍し、ブラジル中で注目を浴びた。名門チームが獲得を争う中、サントスFCが獲得した。10番を背負い、入団してすぐに大活躍した。ワールドカップの年であり、日本代表招集の噂もあった。 2008-09シーズンにトルコのガズィアンテプスポルに移籍し初の欧州挑戦ながら10番を背負いクラブの主力として活躍し、2009-10シーズンは強豪のベシクタシュJKに移籍した。

2011年にカタール・スターズリーグアル・ラーヤンSCに加入。2011-12シーズンでは17得点9アシストを記録し、同リーグの年間最優秀選手に選出された[1]

所属クラブ[編集]

カタールの旗 アル・ラーヤンSC 2010-2011 (loan)
  • カタールの旗 アル・ラーヤンSC 2011-
カタールの旗 アル・サッド 2014 (loan)

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal.com (2012年5月14日). “Brazilian attacking midfielder Rodrigo Tabata wins Qatar's best player award”. 2012年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]