ロデオの恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロデオの恋人
Sweetheart Of The Rodeo
バーズスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル カントリー・ロック
フォーク・ロック
レーベル アメリカ合衆国の旗コロムビア
プロデュース ゲイリー・アッシャー
バーズ アルバム 年表
名うてのバード兄弟
(1968年)
ロデオの恋人
(1968年)
バーズ博士とハイド氏
1969年
『ロデオの恋人』収録のシングル
  1. 「You Ain't Goin' Nowhere / Artificial Energy」
    リリース: 1968年4月2日 (1968-04-02)
  2. 「I Am a Pilgrim / Pretty Boy Floyd」
    リリース: 1968年9月2日 (1968-09-02)
テンプレートを表示

ロデオの恋人』(Sweetheart of the Rodeo)は、1968年にリリースされた、バーズの6作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

前作『名うてのバード兄弟』をレコーディング中の1967年10月にデヴィッド・クロスビーが、さらにアルバム・レコーディング終了と前後してマイケル・クラークがそれぞれ脱退。バーズはギターのロジャー・マッギンとベースのクリス・ヒルマンの2人だけとなり、バンドとしての存続が危ぶまれた。そんな中、10月にヒルマンのいとこで、ライ・クーダータジ・マハールのバンド“ライジング・サンズ”のメンバーだったケヴィン・ケリー、11月には“インターナショナル・サブマリン・バンド”のメンバーとしても活動していたグラム・パーソンズがそれぞれ新メンバーとして加わった[1]

新メンバーの二人、なかでもパーソンズは、ロック・シーンにおけるカントリー・ミュージックの強力な推進者であり、かねてからヒルマンも一目置いていた存在だった。ヒルマンの紹介でやってきたパーソンズが実は熱心なカントリー・ミュージック信奉者であることをマッギンは知らず、単にキーボードができるということでメンバーに迎えたという。ところがパーソンズはバーズの一員となった途端、マッギンにナッシュビルでのレコーディングを執拗に勧めた。こうして1968年8月にリリースされた本作はいわば、パーソンズにバンドが乗っ取られたアルバムとなったが、結果的にカントリー・ロックの先駆者としてバーズの名を高めたアルバムとなった[1][2]

しかし、パーソンズはカントリー志向をめぐってマッギンと対立し、アルバム発売を待たずにバーズを脱退。同じくバーズを抜けたヒルマンらと“フライング・ブリトー・ブラザーズ”を結成、カントリー・ロックを全米に広めた[2]。もうひとりの新メンバーであるケヴィン・ケリーも、当時バーズの準レギュラー・メンバーだったクラレンス・ホワイトがケリーの演奏技術に不満を抱いていたことから1968年7月、ホワイトの意向でジーン・パーソンズと交替させられた[3]

なお、アルバムには当初、パーソンズのリードで歌われるはずだった曲は6曲だが、アルバム発表当時、バーズ加入以前にパーソンズが在籍したインターナショナル・サブマリン・バンドとそのレコード会社であるLHIとの契約がまだ存続していた。そのためトラブルの発生を恐れたコロムビアがグラム・パーソンズのボーカルを差しかえるように指示、マッギンやヒルマンによって歌い直されるという、パーソンズにとっては屈辱的な経緯があった。結果として彼のリードで収録されたトラックは3曲だけとなった[4]

ローリング・ストーン』誌が選んだ「歴代最高のアルバム500選」において274位に選ばれている[5]

収録曲[編集]

Side 1[編集]

  1. ゴーイング・ノーホエア - You Ain't Goin' Nowhere
    (B.Dylan. Vocal: McGuinn. Time: 2:33) Rec. date: March 9, 1968
  2. 私は巡礼 - I Am a Pilgrim
    (Arr. R.McGuinn - C.Hillman. Vocal: Hillman. Time: 3:39) Rec. date: March 13, 1968
  3. クリスチャン・ライフ - Christian Life
    (I.Louvin - C.Louvin. Vocal: McGuinn. Time: 2:30) Rec. date: April 24, 1968
  4. 涙の涸れるまで - You Don't Miss Your Water
    (W.Bell. Vocal: McGuinn. Time: 3:48) Rec. date: April 15, 1968
  5. 思い焦がれて - You're Still On My Mind
    (L.McDaniel. Vocal: Persons. Time: 2:25) Rec. date: April 17, 1968
  6. プリティ・ボーイ・フロイド - Pretty Boy Floyd
    (W.Guthrie. Vocal: McGuinn. Time: 2:34) Rec date: March 12, 1968

Side 2[編集]

  1. ヒッコリー・ウィンド - Hickory Wind
    (G.Parsons - B.Buchanan. Vocal: Persons. Time: 3:31) Rec date: March 9, 1968
  2. 100年後の世界 - One Hundred Years from Now
    (G.Parsons. Vocal: McGuinn, Hillman. Time: 2:40) Rec date: May 27, 1968
  3. ブルー・カナディアン・ロッキー - Blue Canadian Rockies
    (C.Walker. Vocal: Hillman. Time: 2:02) Rec date: April 24, 1968
  4. 監獄暮らし - Life in Prison
    (M.Haggard - J.Sanders. Vocal: Persons. Time: 2:46) Rec date: Aplir 4, 1968
  5. なにも送ってこない - Nothing Was Delivered
    (B.Dylan. Vocal: McGuinn. Time: 3:24) Rec date: March 15, 1968

クレジット[編集]

Produced by Gary Usher
 
We Would like to thank the following :
Roger McGuinn - Guitar, Banjo
Chris Hillman - Bass Guitar, Mandolin
Gram Parsons - Guitar
Kevin Kelley - Drums
Earl P. Ball - Piano
Jon Corneal - Drums
Lloyd Green - Steel Guitar
John Hartford - Banjo, Guitar
Roy M.Husky - Bass
JayDee Maness - Steel Guitar
Clarence J.White - Guitar
 
Album Package Design by Geller and Butler Advertising;
Cover Illustration by Jo Mora, copyright 1933

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 宇田和弘「ザ・バーズ 多彩な変遷から見えてくるアメリカン・ロックの存在証明」『レコード・コレクターズ増刊 アメリカン・ロックVol.2』第14巻第14号、株式会社ミュージック・マガジン、1995年12月25日、 119-125頁。
  2. ^ a b 鈴木カツ「ザ・バーズ オリジナル・アルバム・ガイド」『レコード・コレクターズ増刊 アメリカン・ロックVol.2』第14巻第14号、株式会社ミュージック・マガジン、1995年12月25日、 132-134頁。
  3. ^ 白井英一郎「ザ・バーズ 関係アーティスト名鑑」『レコード・コレクターズ増刊 アメリカン・ロックVol.2』第14巻第14号、株式会社ミュージック・マガジン、1995年12月25日、 174-176頁。
  4. ^ 宇田和弘「ザ・バーズ 素顔のバーズに迫ったこだわりのCDボックス」『レコード・コレクターズ増刊 アメリカン・ロックVol.2』第14巻第14号、株式会社ミュージック・マガジン、1995年12月25日、 142-145頁。
  5. ^ The 500 Greatest Albums of All Time” (英語). Rolling Stone (2020年9月22日). 2021年12月28日閲覧。