ロッサーの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロッサーの定理: Rosser's theorem)とは、ジョン・バークリー・ロッサーが1938年に証明した、素数に関する定理である。

Pnn 番目の素数とする(P1 = 2、P2 = 3、...)。このとき、次の不等式が成立する。

Pn > n log n

参考文献[編集]

  • Rosser, J. B. "The n th Prime is Greater than n ln n". Proc. London Math. Soc. 45, 21-44, 1938.