ロック歌舞伎スーパー一座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロック歌舞伎スーパー一座(ロックかぶきスーパーいちざ)は、愛知県名古屋市を拠点とする日本劇団。1979年に結成、同年「絵本弁慶記(御贔屓勧進帳)」で旗揚げ、2008年12月に解散[1]。主宰は岩田信市、座長は原智彦

概要[編集]

伝統的な歌舞伎を身近に感じてもらうため、舞台にロックバンドを取り入れ、歌舞伎ロックを融合させた現代的なスタイルの「ロック歌舞伎」を上演する[2]。観客が一体となって楽しめるように、役者の目の動きや表情がどの席に座っていても見える規模の寄席を選び、大須演芸場を拠点に活動した[2]

1983年に第1回ヨーロッパ公演『将門伝説パート2』を敢行[3]ドイツに招聘された1991年の第5回ヨーロッパ公演では、歌舞伎スタイルでシェイクスピアの『リア王』を上演し、満員の観客からスタンディングオベーションを受けた[3][4]。ヨーロッパでの公演は延べ230回にも及ぶ[5]

1988年より、大須演芸場にて「吉例師走歌舞伎」を、1991年7月からは「大須オペラ」を年一回上演し、「名古屋の夏の風物詩」の異名を取る。

スーパー一座からは、野口登志間瀬礼章伊藤みづめ等の役者を輩出している。

2008年の解散後、座長の原はハラプロジェクトの代表として、2010年から歌舞伎パンクを融合させた「パンク歌舞伎」の演出を手掛けている[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ スーパー一座 30年で幕 師走歌舞伎に「力出し切る」(読売新聞中部版 2008年11月22日・2009年6月10日閲覧)[リンク切れ]
  2. ^ a b “ロック歌舞伎「スーパー一座」、大須で師走歌舞伎公演20周年”. サカエ経済新聞. (2007年11月30日). http://sakae.keizai.biz/headline/642/ 2016年4月20日閲覧。 
  3. ^ a b スーパー一座海外公演”. ロック歌舞伎スーパー一座. 2008年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月20日閲覧。
  4. ^ 歌舞伎企画「雅屋」代表 二村 幸雅さん〜世界に伝える、グローバルに傾く”. 「月刊イベントマーケティング」02号インタビュー. イベントマーケティング (2015年12月16日). 2016年4月20日閲覧。
  5. ^ a b 原 智彦 - Biography”. ハラプロジェクト. 2016年4月20日閲覧。
  6. ^ TURTLE ISLAND、新作パンク歌舞伎は「天守物語」”. 音楽ナタリー (2015年11月18日). 2016年4月20日閲覧。

外部リンク[編集]