ロックナット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナイロンロックナット( 'Nyloc')

ロックナット(英:lock nut, locking nut, self-locking nut, prevailing torque nut[1] stiff nut 又はelastic stop nut[2])とは、緩み止め機能を備えたナット

概要[編集]

振動環境下等の一般的なナットでは緩んでしまう恐れのある場合や、特に緩まない信頼性が求められる重要部分の締結、あるいはセキュリティ対策としてソケットレンチスパナ等の一般的な工具では緩められないナット等がある。一般的なキーアダプターなどと呼ばれる専用のソケット

また、弾性ストップナットと一般的なトルクナットは、ナットの一部が弾性変形してロック動作を行うタイプ[2]。最初のタイプは、ナイロンの代わりに繊維を使用して1931年に発明された[3]

振動によるボルト継手を緩めるのを防ぐ方法にはロックナットのほか、 ジャムナット(/Jam_nut)、 ロックワッシャーおよびスレッドロック液(/Thread-locking_fluid)などがある。 

関連項目[編集]

参考文献[編集]

ノート[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • Smith, Carroll (1990), Carroll Smith's Nuts, Bolts, Fasteners, and Plumbing Handbook, MotorBooks/MBI Publishing Company, ISBN 0-87938-406-9, https://books.google.com/books?id=A81HmmRCN7YC .

外部リンク[編集]