ロス・グラシアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界遺産 ロス・グラシアレス
国立公園
アルゼンチン
SantaCruz-LosGlaciares-P2150249b.jpg
英名 Los Glaciares National Park
仏名 Parc national de Los Glaciares
面積 4,459 km2
登録区分 自然遺産
IUCN分類 II
登録基準 (7), (8)
登録年 1981年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示
スペガッツィーニ氷河が崩落する様子(2004年)。

ロス・グラシアレススペイン語:Los Glaciares)は、アルゼンチンサンタクルス州に存在する国立公園である。1981年にユネスコ世界遺産に登録された。

概要[編集]

ロス・グラシアレス国立公園は、アンデス山脈の南端パタゴニアに位置し、氷床としては南極グリーンランドに次ぐ、地球上で第3位の面積を持つ南パタゴニア氷原および氷河群がある。ロス・グラシアレス(Los Glaciares)はスペイン語の「氷河」の複数形なので、公園名は「氷河群」といった意味である。

この地域の氷河は、他の地域の氷河よりも温暖な環境にある。しかしそれを補うほどの大量の降雪によって, 氷河が形成・維持されている。気温が上がる夏には、ビルほどの高さの氷の塊が轟音と共に一気に湖へと崩れ落ちる様子が見られる。

長い時間圧縮されたことによって空気をほとんど含まなくなった透明な氷は、波長の長い光(赤)を吸収するため, 氷を透過した光は青い。そのためロス・グラシアレス特有の青い氷河になる。ロス・グラシアレスに存在する氷河としては、ペリト・モレノ氷河ウプサラ氷河スペガッツィーニ氷河などが比較的有名である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

関連項目[編集]


座標: 南緯50度0分0秒 西経73度14分58秒 / 南緯50.00000度 西経73.24944度 / -50.00000; -73.24944