ロスノフスキ家の娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロスノフスキ家の娘』(ロスノフスキけのむすめ、The Prodigal Daughter)は、ジェフリー・アーチャー1982年に発表した小説。アメリカポーランド系移民2世として生まれたフロレンティナが、ビジネスで成功しつつ、史上初の女性アメリカ合衆国大統領となる過程を描く。同じ作者による『ケインとアベル』の続編である。原題 "The Prodigal Daughter" は、「ルカによる福音書」の「放蕩息子の帰還」(the return of the prodigal son)の説話に由来している。

2人の主人公の人生を交互に描いた『ケインとアベル』の続編であり、フロレンティナは両者を結び付ける重要人物として登場する。フロレンティナの幼少時代から描かれる前半部分(過去 1934年 - 1968年)は『ケインとアベル』後半部と重複する時期をなぞっており、新たにフロレンティナの家庭教師や親友を登場させたり新たなエピソードを加えることによって、前作の未読者でも物語を把握できるよう別の物語として浮き立たせ、既読者にとってはさらに重層的な物語を愉しめる構造になっている。