ロスト・イン・スペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロスト・イン・スペース
Lost in Space
監督 スティーヴン・ホプキンス
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
製作 スティーヴン・ホプキンス
アキヴァ・ゴールズマン
カリア・フライ
マーク・ダブリュ・コッチ
製作総指揮 メイス・ニューフェルド
ボブ・レーメ
リチャード・サパースタイン
マイケル・デ・ルカ
出演者 ウィリアム・ハート
音楽 ブルース・ブロートン
撮影 ピーター・レヴィ
編集 レイ・ラヴジョイ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年4月3日
日本の旗 1998年12月12日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $136,159,423[1]
テンプレートを表示

ロスト・イン・スペース』(原題: Lost in Space)は、1998年アメリカ合衆国で製作されたSFアドベンチャー映画1960年代に人気を博した米テレビシリーズ『宇宙家族ロビンソン』(原題は同じくLost in Space)の劇場用映画化作品。

13週間連続して全米週末興行収入成績第1位を継続していた『タイタニック』を抜き[2]、1998年4月3日に全米週末興行収入成績第1位を記録した[3]

当初から続編の制作を前提としていたため、本作のラストでは物語が完結していない[4]

なお、両作品のタイトルについては「邦題を複数持つ作品一覧」も参照。

あらすじ[編集]

時は2058年、高度に発展した文明によって地球環境は破壊されてしまった。ジョン・ロビンソン教授(ウィリアム・ハート)とその家族は、人類生存のための新天地の惑星「アルファ・プライム」を調査する使命を帯び、宇宙へと飛び立った。

しかし、その宇宙船に同乗していたスパイ(ゲイリー・オールドマン)の工作によってナビゲーションシステムを破壊され、一家は宇宙空間で迷子になってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
ジョン・ロビンソン教授 ウィリアム・ハート 小川真司 磯部勉
モリーン・ロビンソン博士 ミミ・ロジャース 萩尾みどり 弥永和子
ジュディ・ロビンソン博士 ヘザー・グラハム 高橋理恵子 日野由利加
ペニー・ロビンソン レイシー・シャベール 今津朋子 渡辺明乃
ウィル・ロビンソン ジャック・ジョンソン くまいもとこ 伊藤隆大
Dr.ザカリー・スミス ゲイリー・オールドマン 佐古正人
ダン・ウェスト少佐 マット・ルブランク 平田広明 堀内賢雄
ウィル・ロビンソン(成人) ジャレッド・ハリス 宮本充 荒川太郎
将軍 マーク・ゴダード[5] 稲葉実 麦人
ジェブ・ウォーカー レニー・ジェームズ 石田圭祐 辻親八
カートライト校長 ジューン・ロックハート[6] 前田敏子 翠準子
ビジネスマン エドワード・フォックス 石森達幸
フレンディの声[7] ディック・トゥフェルド[8] 玄田哲章
レポーター#1 マータ・クリステン[9]
レポーター#2 アンジェラ・カートライト[10]
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録(発売日:1999年4月23日)
その他吹き替え - 五十嵐麗山野井仁深水由美小林尚臣室園丈裕
その他吹き替え - 大川透後藤敦高瀬右光吉田美保華村りこ渡辺美佐丸山純路

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Lost in Space - Box Office Mojo(英語)
  2. ^ [1]Box Office Mojo 映画「タイタニック」全米興行成績
  3. ^ [2]Box Office Mojo データベース 全米週末興行収入成績(1998年4月3日付)
  4. ^ 原典であるテレビシリーズも第3シーズンをもって制作が打ち切られ、物語が完結しないまま終了した。
  5. ^ 原典であるテレビシリーズでウェスト少佐を演じた。
  6. ^ 原典であるテレビシリーズでモリーンを演じた。
  7. ^ 本来は原典であるテレビシリーズ同様に名前はなく、原語では単に「ロボット」と呼ばれているが、日本語字幕と吹き替え版では「フレンディ」と名前がついている。ちなみに原典の吹き替え版では「フライデー」という名前だった。
  8. ^ 原典であるテレビシリーズでもロボットの声を務めた。
  9. ^ 原典であるテレビシリーズでジュディを演じた。
  10. ^ 原典であるテレビシリーズでペニーを演じた。

外部リンク[編集]