ロスチャイルド夫人のスキャンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロスチャイルド夫人のスキャンダル
加藤和彦シングル
初出アルバム『ベル・エキセントリック
B面 浮気なGIGI
リリース
規格 シングルレコード
録音 1981年4月 (1981-04)
ジャンル ミュゼット
AOR
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
K-1507W
作詞・作曲 安井かずみ、加藤和彦
プロデュース 加藤和彦
加藤和彦 シングル 年表
ルムバ・アメリカン
(1980年)
ロスチャイルド夫人のスキャンダル
(1981年)
だいじょうぶマイ・フレンド
(1983年)
ベル・エキセントリック 収録曲
  1. ロスチャイルド夫人のスキャンダル (SCANDALE DE Mme ROTHCHILD)
  2. 浮気なGigi (GIGI, LA DANSEUSE)
  3. アメリカン・バー (BAR AMÉRICAIN)
  4. ディアギレフの見えない手 (DIAGHLEV, L'HOMME-ORCHESTRE)
  5. ネグレスコでの御発展 (LES NUITS FOLLES DE L'HOTEL NEGRESCO)
  6. バラ色の仮面をつけたMme M (MASQUE ROSE DE Mme M)
  7. トロカデロ (TROCADÉRO)
  8. わたしはジャン・コクトーを知っていた (JE CONNAISSAIS JEAN COCTEAU)
  9. ADIEU, MON AMOUR
  10. ジュ・トゥ・ヴー
テンプレートを表示

ロスチャイルド夫人のスキャンダル」(SCANDALE DE Mme ROTHCHILD)は、1981年7月25日に発売された加藤和彦のソロ名義による10枚目のシングルである。

解説[編集]

「ロスチャイルド夫人のスキャンダル」は加藤和彦の7枚目のソロ・アルバム『ベル・エキセントリック』からのシングルで、アルバムと同時に発売された。レコーディングはYMOのメンバーに矢野顕子大村憲司などを交えてパリシャトウ・スタジオで行なわれている。歌詞は安井かずみによるもので、アルバムのテーマである1920年代のパリ社交界を舞台に、ロスチャイルド夫人をモデルとする女性が登場するミュゼット・ワルツ風の楽曲となっている[1][2]。一方、カップリング曲もアルバム収録曲の「浮気なGIGI」で、踊り子のジジをモデルにした8ビートの曲である。アートワークは渡辺かをるが担当し、カバーにはアルバムと同じ金子國義の絵画が使われ、裏面には歌詞が縦書きで記載された。

収録曲 / パーソネル[編集]

全曲作詞:安井かずみ、作編曲:加藤和彦
収録時間はオリジナル・シングルレコードの表記に基づく。

SIDE 1[編集]

  1. ロスチャイルド夫人のスキャンダル (SCANDALE DE Mme ROTHCHILD) - (2:51)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター
    大村憲司 - ギター
    細野晴臣 - ベース
    高橋幸宏 - ドラムス
    坂本龍一 - チェンバリンプロフェット5
    矢野顕子 - ピアノ

SIDE 2[編集]

  1. 浮気なGIGI (GIGI, LA DANSEUSE) - (4:40)
    加藤和彦 - ヴォーカル、ギター
    大村憲司 - ギター
    細野晴臣 - ベース
    高橋幸宏 - ドラムス
    坂本龍一 - チェンバリン、プロフェット5
    矢野顕子 - ピアノ

参考文献[編集]

  • 『加藤和彦スタイルブック あの頃、マリー・ローランサン』CBSソニー出版、1983年11月。ISBN 978-4-78-970111-2
  • 『ミュージック・マガジン 2009年12月号』株式会社ミュージック・マガジン、2009年12月。
  • 『バハマ・ベルリン・パリ〜加藤和彦 ヨーロッパ3部作』牧村憲一 (監)、リットーミュージック、2014年3月。ISBN 978-4-84-562367-9

脚注[編集]

  1. ^ 『バハマ・ベルリン・パリ〜加藤和彦 ヨーロッパ3部作』p.32
  2. ^ ミュージック・マガジン』 2009年12月号 p.42