ロジャー・リー・ヘイデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2010年 SBKミサノ

ロジャー・リー・ヘイデン ( Roger Lee Hayden, 1983年5月30日 - ) は、アメリカ合衆国ケンタッキー州オーエンズボロ出身のオートバイレーサー

経歴[編集]

AMAプロ・レーシングを中心に活躍しているトミー・ヘイデンと、2006年MotoGP世界チャンピオンのニッキー・ヘイデンの二人を兄に持つ。父アールは20年のダートトラックレースへの参戦経験を持ち、母ローズも女性クラスに5年参戦、姉のジェニー、妹のキャサリンもアマチュアレースへの出場経験を持つというオートバイレーサー一家に育つ[1]

ロジャーは5歳のときからオートバイに乗り始め、6歳からダートレースに出場を開始した[2]。1997年には、その年最も活躍した若いアマチュアレーサーに贈られる「AMAホライゾンアワード」のダートトラック部門賞を受賞した。ちなみに前年には兄ニッキーが同賞を受賞している[3]

その後は兄たちと同様にロードレースに転向し、2004年と2005年にはAMAスーパースポーツクラス(600cc)で長兄のトミーが2連覇を果たした一方、ロジャーは2年連続でシリーズランキング2位に入った。そして2007年シーズンには同クラスで初のチャンピオンを獲得した。また同年ラグナ・セカで開催されたロードレース世界選手権第11戦アメリカGPカワサキ・レーシングチーム3台目のZX-RRを駆ってワイルドカード枠でデビューを果たした。兄ニッキーがジョン・ホプキンスと絡んで転倒リタイヤとなる中、ロジャーはアメリカ人ライダー最上位となる10位で完走を果たした[2]

2010年スーパーバイク世界選手権に活動の場を移し、チーム・ペデルチーニでプライベーター仕様のZX-10Rを駆ることになったが、他のカワサキ勢同様マシンのパフォーマンスの低さに苦しめられ、ポイント圏内でのフィニッシュはわずか4回でシリーズランキング19位に終わった。また同年のロードレース世界選手権第9戦アメリカGPには、負傷したランディ・ド・プニエの代役としてLCRホンダからMotoGPクラスに出場[4]、11位で完走を果たした。また第11戦インディアナポリスGPには、Moto2クラスにモリワキのシャシーを駆りケビン・シュワンツをチームマネージャーにワイルドカード枠で参戦[5]、こちらはポイント圏外の17位に終わった。

2011年シーズンはAMAスーパーバイクに戻り、マイケル・ジョーダンのチームでスズキ・GSX-R1000を駆る[6]

主なレース戦績[編集]

AMAプロ・レーシング[編集]

シーズン クラス 出走 優勝 PP ポイント シリーズ順位
2002年 スーパーストック 9 0 0 216 5位
フォーミュラエクストリーム 8 0 0 68 16位
2003年 フォーミュラエクストリーム 9 0 0 135 10位
スーパースポーツ 10 0 0 230 8位
2004年 スーパースポーツ 11 4 0 343 2位
スーパーストック 11 0 0 268 6位
2005年 スーパースポーツ 10 4 1 308 2位
スーパーストック 10 1 0 241 4位
2006年 スーパーバイク 11 0 0 178 17位
スーパースポーツ 10 3 2 237 5位
2007年 スーパーバイク 18 0 0 344 10位
スーパースポーツ 10 2 2 297 1位
2008年 スーパーバイク 10 0 0 97 22位
スーパースポーツ 3 0 0 46 29位
2009年 デイトナスポーツバイク 17 0 0 164 12位

スーパーバイク世界選手権[編集]

シーズン バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2010年 カワサキZX-10R 26 0 0 0 0 10 19位

ロードレース世界選手権[編集]

シーズン クラス バイク 出走 優勝 表彰台 PP FL ポイント シリーズ順位
2007年 MotoGP カワサキ 1 0 0 0 0 6 20位
2010年 MotoGP ホンダ 1 0 0 0 0 5 19位
Moto2 モリワキ 1 0 0 0 0 0 -

脚注[編集]

外部リンク[編集]