ロジャー・クリントン・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャー・クリントン・シニア(Roger Clinton, Sr.、1908年7月25日 - 1967年11月8日)は、元アメリカ合衆国大統領ビル・クリントンの継父。[1]

イェール郡でウィリアム・ジェファーソン・ブライスII(1880年8月26日 - 1965年6月14日)とユーラ・コーンウェル(1882年5月29日 - 1975年10月10日)の息子として生まれた。[2] 地元のビュイック自動車ディーラーの所有者で、[3]"a handsome, hell-raising, twice-divorced man from Hot Springs, Arkansas"であった。[3]1950年、ヴァージニア・クリントン・ケリー英語版と結婚した。彼女は4年前に夫を交通事故で亡くしていた。ホープ (アーカンソー州)英語版の南端に住んでいた。[4]ディーラーを売却し、ホットスプリングスの数マイル西の400エーカーの農場に、家族と引っ越した。[5] 1955年頃、[6]ホットスプリングスに引っ越した。1956年、ロジャー・クリントン・ジュニア英語版が生まれた。 [7] ロジャーとヴァージニアは、彼女の連れ子ビルがクリントンに改姓後、1962年に離婚したが、数ヵ月後に再婚した。[8] ビル・クリントンの自伝My Life英語版では、"Daddy"と呼ばれていた。

ビルは明らかにロジャーを愛していたが、ロジャーのアルコール依存症と母への虐待でロジャーは逮捕されるなど、苦しんだ。[9]ロジャーが病気になり、ダーラムデューク大学病院英語版へ、ビルがジョージタウンから週末に遥々訪ねてくるようになり、最終的に二人は和解した。[10]彼の病気は1967年秋に再発した。[11]入院後、彼は家に帰れるように頼んだ。[11]1967年に悪性腫瘍[11]で59歳で死去した。 

参考文献[編集]

  1. ^ My Life, Bill Clinton, Random House, 2004, ISBN 0-375-41457-6.
  2. ^ US Census, 1910, Yell County, Arkansas.
  3. ^ a b My Life, Three, p. 17.
  4. ^ My Life, Three, p. 18.
  5. ^ My Life, Four, p. 22.
  6. ^ My Life, Four, p. 33.
  7. ^ My Life, Five.
  8. ^ This was for some reason his stepson, he himself, is not sure exactly. One of the reasons was that his stepson wanted that he and his brother would have the same last name in school. He wrote, in My Life, "Maybe I even wanted to do something nice for Daddy". (My Life, Six, p. 52).
  9. ^ CBS News: "Bill Clinton: his life", February 11, 2009. Accessed 10 December 2012
  10. ^ My Life, Eleven, p. 105.
  11. ^ a b c My Life, Thirteen, pp. 112–113.