ロジャー・ウッドワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャー・ウッドワードRoger Woodward, 1942年12月19日 – )はオーストラリアの著名なピアニスト

シドニーでケネス・ロングに教会音楽を学ぶ。ユージン・グーセンス指揮法を、ラフマニノフの門弟アレクサンドル・スヴェルジェンスキーにピアノを、レイモンド・ハンソンに作曲を師事した後、ポーランドパデレフスキの高弟ズビグニェフ・ジェヴィエツキの薫陶を受けた。

オーストラリア屈指のピアニストとして世界中に知られており、早くからアルトゥール・ルービンシュタインユーディ・メニューインからも認められていた。120以上の音楽祭に出演しており、そのうちいくつかはスヴャトスラフ・リヒテルに招待されての参加であった。

1980年1992年エリザベス2世の誕生日に、イギリス政府とオーストラリア政府から叙勲されており、またオーストラリアの人間国宝にも選ばれた。

録音数は100点以上と極めて多く、そのほとんどが、クセナキスモートン・フェルドマン武満徹などの音源に代表されるように現代音楽である。しかしながら、パデレフスキやラフマニノフの流れを汲むヴィルトゥオーゾであり、バッハショパン、後期のスクリャービンも録音しており、これらの演奏は模範的であると評されている。

外部リンク[編集]