ロシュシュアール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rochechouart
Blason-Rochechouart.svg
Rochechouart - Hôtel de ville.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) リムーザン地域圏Blason région fr Limousin.svg
(département) オート=ヴィエンヌ県Blason87.PNG
(arrondissement) ロシュシュアール郡
小郡 (canton) ロシュシュアール小郡
INSEEコード 87126
郵便番号 87600
市長任期 ジャン=マリー・ルジエ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de la Météorite
人口動態
人口 3831人
2008年
人口密度 71人/km²
住民の呼称 Rochechouartais[1]
地理
座標 北緯45度49分26秒 東経0度49分18秒 / 北緯45.8239度 東経0.8217度 / 45.8239; 0.8217座標: 北緯45度49分26秒 東経0度49分18秒 / 北緯45.8239度 東経0.8217度 / 45.8239; 0.8217
標高 平均:m
最低:159m
最高:313m
面積 53.88km² (5 388ha)
Rochechouartの位置
Rochechouart
公式サイト www.rochechouart.com
テンプレートを表示

ロシュシュアールRochechouartオック語リムーザン方言:Rechoard)は、フランスリムーザン地域圏オート=ヴィエンヌ県コミューン

由来[編集]

まちの名の由来は、のちにフランス語化されたラテン語起源の2つの要素からなっている。

  • Rocaは天然の防衛機能である岩を意味する。
  • Cavardusは、1000年代に要塞を建てた領主の名である。

ロシュシュアール周辺の地方では、住民はまちの名をロシュアール(Rochouart)と発音する。フランス革命時代の名称はロシュ=シュル=グラーヌ(Roche-sur-Graine)であった。

地理[編集]

ロシュシュアールはサン=ジュニアンの南9kmにある。ヴィエンヌ川の右岸に位置する。まち全体の標高は200mから280mの間で、北はグレーヌ川の谷、西は標高180mのリムーザン平野に向かっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年
4093 4059 4196 4053 3985 3665 3808

参照元:1968年以降INSEE[2] · [3]

史跡[編集]

  • ロシュシュアール城 - ロシュシュアールを800年にわたって治めたロシュシュアール子爵の城。建物は13世紀。フランス革命後に国家によって売却された。現在は現代美術館。
  • サン=ソヴール教会 - 城の前にある南礼拝堂は、805年に建てられた礼拝堂の跡地にあるとみられている。主体の建物は9世紀から。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Nom des habitants sur www.habitants.fr. Consulté le 2 mai 2011
  2. ^ Évolution et structure de la population (de 1968 à 2007) sur Institut national de la statistique et des études économiques. Consulté le 6 août 2010
  3. ^ Recensement de la population au 1er janvier 2006 sur Institut national de la statistique et des études économiques. Consulté le 6 août 2010