ロシア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシア航空
Российские авиалинии
IATA
FV
ICAO
SDM
コールサイン
RUSSIA
設立 1992年
ハブ空港 プルコヴォ空港
焦点空港 ヴヌーコヴォ国際空港
保有機材数 88機 (5機 発注中)
就航地 97都市
親会社 アエロフロート・ロシア航空(75%)
本拠地 ロシア連邦サンクトペテルブルク
代表者 Sergey Yurievich Mikhalienko (局長)
外部リンク http://www.rossiya-airlines.ru/en/
テンプレートを表示

ロシア航空ロシア語: Российские авиалинии英語 : Rossiya)は、ロシア連邦航空会社である。正式名称はФедеральное Государственное Унитарное Предприятие «Государственная транспортная компания „Россия“»(直訳すると「ロシア連邦統一企業交通社」)と言い、ロシア国内ではГТК «Россия»(GTK Russiya)または«Россия - Российские авиалинии»(Rossiya - Rossiya Airlines)という社名で知られている。

概要[編集]

2006年に同名のモスクワの航空会社と、サンクトペテルブルクのプルコヴォ航空(Pulkovo Aviation Enterprise)[1]に合併により誕生した。モスクワとサンクトペテルブルクを中心に国内外に多数の路線を持っている。 拠点はサンクトペテルブルクのプルコヴォ空港で、メンテナンスでは同空港のほかにもモスクワのヴヌーコヴォ国際空港にもベースを置いている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [2]

2014年1月に、グループ会社再編の一環として親会社のアエロフロート・ロシア航空に同年3月30日付で統合される予定[3]

2016年3月27日、オレンエアドンアヴィアを吸収合併した。存続会社はロシア航空となる[4]

歴史[編集]

ロシア航空は1992年に、ロシア政府によって設立。2004年にこの会社とサンクトペテルブルクのプルコヴォ航空とを合併させる計画がスタートし、2006年にサンクトペテルブルクで登録を終了させて10月から一つの会社として運航を始め、初のGM代理にはGennadiy Boldyrevが就任した。現在はモスクワをはじめ世界54ヶ所に支社を構える。

就航都市[編集]

ロシア

中央アジア

中東・コーカサス

東ヨーロッパ

西ヨーロッパ

アフリカ

アジア

保有機材[編集]

保有機材
機種 機数 座席数
(ビジネス/エコノミー)
備考
エアバスA319-100 5 144 (12/132) 国際線
エアバスA320-212 2
(4機 発注中)
国際線
ボーイング737-500 5 130 国際線・国内線
ボーイング767-300ER 3
(1機 発注中)
253 (20/233) 国際線・国内線
イリューシンIl-18 3 120 (9/111) 国内線
イリューシンIl-62M 9 198 (18/180) 国内線
イリューシンIl-86 4 350 (8/342) 2010年 退役予定
イリューシンIl-96 3 280 (24/256) 国際線(うち1機は大統領専用機)
ミルMi-8 8 22 国内線
ツポレフTu-134A 4 84 (8/76) 国内線
ツポレフTu-154B 7 124 (8/116) 国内線
ツポレフTu-154M 25 154 (12/142) 国内線・国際線
ツポレフTu-204 1 政府専用機
ツポレフTu-214 3 162 (16/146) 国内線・国際線
ヤコヴレフYak-40 7 28 国内線

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]