ロケット・トゥ・ロシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロケット・トゥ・ロシア
ラモーンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 ニューヨーク メディア・サウンド[2]
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル サイアー・レコード
プロデュース トニー・ボンジョヴィ、トミー・ラモーン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 31位(スウェーデン[3]
  • 49位(アメリカ[4]
  • 60位(イギリス[5]
  • ラモーンズ 年表
    リーヴ・ホーム
    (1977年)
    ロケット・トゥ・ロシア
    (1977年)
    ロード・トゥ・ルーイン
    (1978年)
    テンプレートを表示

    ロケット・トゥ・ロシア』(Rocket to Russia)は、アメリカ合衆国パンク・ロックバンドラモーンズ1977年に発表した3作目のスタジオ・アルバム

    背景[編集]

    シーナはパンク・ロッカー」は、本作に先がけてリリースされたシングル曲で、1977年5月にイギリス盤シングルが発売され、2か月後には母国アメリカでも発売された[6]。この曲は、前作『リーヴ・ホーム』(1977年)のアメリカ盤再発LP (SR 6031)にも収録されており[7]、本作にはアルバム・ヴァージョンが収録されたが、2001年に発売された本作のリマスターCDにはシングル・ヴァージョンもボーナス・トラックとして追加された[8]

    ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス」は、ボビー・フリーマン英語版が1958年にシングル・ヒットさせた曲で、本作以前にも多数のアーティストによるカヴァーが存在するが、William Ruhlmannはオールミュージックにおいて「ザ・ビーチ・ボーイズのヴァージョンに最も近い」「爽快だが、ボビー・フリーマンとは似ても似つかない」と評している[9]。また、「サーフィン・バード」はザ・トラッシュメンが1963年に発表した曲(ただし、実際にはThe Rivingtonsの曲"The Bird Is the Word"と"Papa-Oom-Mow-Mow"の改作)のカヴァーである[10]

    本作リリース後、トミー・ラモーンはプロデューサーとしての仕事に集中するためバンドを脱退した[11]。なお、トミーはラモーンズの1984年作品『トゥー・タフ・トゥ・ダイ』にも共同プロデューサーとして参加している[11]

    反響・評価[編集]

    アメリカのBillboard 200では49位に達し、バンド初の全米トップ100アルバムとなった[4]。また、本作からシングル・カットされた「ロッカウェイ・ビーチ」はBillboard Hot 100で自身最高の66位を記録し、続く「ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス」は同86位に達した[4]

    スウェーデンでは『ラモーンズの激情』(1976年)以来となるアルバム・チャート入りを果たし、4回(8週)トップ40入りして最高31位を記録した[3]。イギリスでは2週全英アルバムチャート入りし、最高60位となった[5]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて満点の5点を付け「『ロケット・トゥ・ロシア』は、以前の作品よりもクリーンな音作りを誇示し、ラモーンズの音楽に更なる力強さをもたらした」「『ラモーンズの激情』ほどの革命的インパクトはないにせよ良いアルバムで、1970年代後半における最上のレコードの一つ」と評している[12]。『ローリング・ストーン』誌が選出した「オールタイム・グレイテスト・アルバム500」では106位にランク・インした[13]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はラモーンズ作。

    1. クレティン・ホップ - "Cretin Hop" - 1:56
    2. ロッカウェイ・ビーチ - "Rockaway Beach" - 2:06
    3. ゴーン・トゥモロウ - "Here Today, Gone Tomorrow" - 2:49
    4. ロケット・ラヴ - "Locket Love" - 2:11
    5. アイ・ドント・ケアー - "I Don't Care" - 1:39
    6. シーナはパンク・ロッカー - "Sheena Is a Punk Rocker" - 2:49
    7. ハッピー・ファミリー - "We're a Happy Family" - 2:40
    8. ティーンエイジ・ロボトミー - "Teenage Lobotomy" - 2:01
    9. ドゥ・ユー・ウォナ・ダンス - "Do You Wanna Dance?" (Bobby Freeman) - 1:55
    10. アイ・ウォナ・ビー・ウェル - "I Wanna Be Well" - 2:28
    11. アイ・キャント・ギヴ・ユー・エニシング - "I Can't Give You Anything" - 2:01
    12. ラモーナ - "Ramona" - 2:38
    13. サーフィン・バード - "Surfin' Bird" (Carl White, Alfred Frazier, John Harris, Turner Wilson) - 2:37
    14. ホワイ・イズ・イット・オールウェイズ・ディス・ウェイ - "Why Is It Always This Way?" - 2:22

    2001年リマスターCDボーナス・トラック[編集]

    1. ニードルズ&ピンズ(アーリー・ヴァージョン) - "Needles & Pins (Early Version)" (Sonny Bono, Jack Nitzsche) - 2:24
    2. スラッグ(デモ) - "Slug (Demo)" (Joey Ramone) - 2:23
    3. イッツ・ア・ロング・ウェイ・バック - "It's a Long Way Back to Germany" - 2:22
    4. アイ・ドント・ケアー(シングル・ヴァージョン) - "I Don't Care (Single Version)" - 1:40
    5. シーナはパンク・ロッカー(シングル・ヴァージョン) - "Sheena Is a Punk Rocker (Single Version)" - 2:48

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注・出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ Swanson, Dave (2015年11月4日). “The History of the Ramones' 'Rocket to Russia'”. Ultimate Classic Rock. Loudwire Network. 2017年12月23日閲覧。
    2. ^ CD英文ブックレット内クレジット
    3. ^ a b swedishcharts.com – Ramones - Rocket To Russia
    4. ^ a b c The Ramones - Awards”. AllMusic. 2016年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月23日閲覧。
    5. ^ a b RAMONES | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される。
    6. ^ Single Stories: Ramones, "Sheena Is a Punk Rocker"”. Rhino Entertainment (2017年10月26日). 2017年12月23日閲覧。
    7. ^ Ramones - Leave Home (Vinyl, LP, Album) at Discogs - アメリカ盤再発LPの情報。
    8. ^ Ramones - Rocket To Russia (CD, Album) at Discogs - 2001年リマスターCDの情報
    9. ^ Ruhlmann, William. “Do You Want to Dance - Bobby Freeman - Song Info”. AllMusic. 2017年12月23日閲覧。
    10. ^ Surfin' Bird by The Trashmen”. Songfacts. 2017年12月23日閲覧。
    11. ^ a b Coleman, Miriam (2014年7月12日). “Tommy Ramone Dead at 65”. Rolling Stone. 2017年12月23日閲覧。
    12. ^ Erlewine, Stephen Thomas. “Rocket to Russia - Ramones”. AllMusic. 2017年12月23日閲覧。
    13. ^ Ramones, 'Rocket to Russia' - 500 Greatest Albums of All Time”. Rolling Stone. 2017年12月23日閲覧。