ロクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖ロクス
崇敬する教派 カトリック教会
記念日 8月16日
象徴 裂傷を負った脚を見せて立ち、傍らにはパンをくわえたイヌ
守護対象 ペスト、伝染病よけ
ヴェネツィアの聖ロッシュの墓。

ロクスラテン語:Rochusイタリア語:Roccoフランス語:Rochスペイン語及びポルトガル語:Roque1295年 - 1327年8月16日)は、カトリック教会聖人ペスト黒死病)に対する守護聖人とされたことから、古くからヨーロッパで崇敬の対象となってきた。絵画や肖像では、裂傷を負った脚を見せて立ち、傍らにはパンをくわえたイヌが描かれている。

フランスの総督の子息として生まれたが、20歳のとき両親をなくしたのを機に全財産を貧者のために投げうってローマ巡礼の旅に出た。ローマでは当時流行っていたペスト患者の看護にあたった。ロクスが患者の頭上に十字架の印をすると、患者はたちまち癒えたという。やがてロクス自身もペストにかかったが、犬が食べ物を運んできたり、舐めてくれて、ロクスのペストを治してくれたという伝説がある。彼はスパイだと勘違いされ投獄の憂き目にあい、そのまま獄死した。[1]

関連項目[編集]

  1. ^ http://www.pauline.or.jp/calendariosanti/gen_saint50.php?id=081601