ロクサナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロクサナ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1718年
死没 1734年
ボールドギャロウェイ
シスタートゥーカウンター(異説あり)
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 サー・ウィリアム・ストリックランド
馬主 エドワード・コーク
競走成績
生涯成績 3勝
テンプレートを表示

ロクサナ (Roxana) は、18世紀前半に活躍した競走馬繁殖牝馬サラブレッド揺籃期の名馬で、不明点が目立つ。毛色は栗毛または芦毛と記載されるが、自身や産駒の特徴から月毛の可能性も高い。全妹に月毛の名馬シルヴァーロックス (Silverlocks) がいる。

競走馬としては1727年に3勝。1731年の繁殖期にホブゴブリン (Hobgoblin) との交配が成功せず、翌年ラス (Lath。父ゴドルフィンアラビアン〈Godolphin Arabian〉)を産んだ。このほか3頭の牡馬を生んでおり、ラスの翌年ラウンドヘッド(Roundhead。父フライングチルダーズ〈Flying Childers〉)、翌々年のケード(Cade。ラスの全弟)などがいる。ケードを産んだ2週間後に死亡したため、ケードは牛の乳によって人の手で育てられた。

ラスとケードは競走馬としても種牡馬としても成功し(ラウンドヘッドも一定の成功を収めた)、種牡馬としてのゴドルフィンアラビアンの成功を決定づけた。自身は牝駒を残していないため牝系子孫は残っていないが、1つ下の全妹のSister to Roxanaの牝系子孫は6号族a分枝として残っている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]