ロウソク問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロウソク問題(: Candle problem)またはロウソク課題またはドゥンカーのロウソク問題とは、人間の問題解決能力に、機能的固着(functional fixedness)がどのような影響を及ぼすかを測定するための認知能力テストである。このテストはゲシュタルト心理学者カール・ドゥンカー(Karl Duncker)によって考案され[1] 、彼の死後1945年に発表された。ドゥンカーは、クラーク大学にて、問題解決課題についての論文の中で、このテストを初めて発表した[2]

ロウソク問題の内容[編集]

このテストでは、被験者に1つの問題が与えられる。それは、コルクボードの壁にロウソクを固定し、点火するというものである[3]。ただし、溶けたロウが下のテーブルに滴り落ちないようにする必要がある[4]。この問題を解決するにあたり、被験者はロウソクの他に次の物だけを使うことが許される。

ロウソク問題の解答[編集]

ドゥンカーのロウソク問題(1945)
被験者はロウソクを壁に固定することを求められ、図Aのように、一箱の画鋲、ロウソク、マッチを与えられる。解答は図Bに示されている。

箱から画鋲を取り出し、画鋲で箱をコルクボードに固定し、ロウソクを箱の中で立て、マッチで火をつけるというのが答えである[4] 。機能的固着(functional fixedness)のコンセプトが予測する所によると、被験者は箱について、画鋲を入れるため道具としてのみ見て、そこに問題解決に有効活用できる別個の機能要素があるとはすぐには気付く事ができない。

被験者の反応[編集]

この問題に取り組んだ多くの人が、独創的ではあるが効率的とは言えない手法を捜し求めた。例えば、ある被験者は、箱を使わず、ロウソクを画鋲で壁に固定しようとした[5]。また、ある被験者は、ロウソクの一部を溶かして、それを接着剤のように使いロウソクを壁に貼り付けようとした[1]。これらの手法はうまく行かなかった[1]。しかしながら、画鋲が箱の中ではなく、箱の横に置かれた状態で提示されると、ほぼ全ての被験者が最適な解法(それは自己定義による)に到達することが示された[5]

このテストは様々な人を対象に行われており、外国に居住する事と創造性との関連性を調べる研究では、ケロッグ経営大学院経営学修士の学生が被験者になった事もある[6]

グラックスバーグによる研究[編集]

1962年に行われたグラックスバーグ(Sam Glucksberg)による研究[7]では、画鋲を箱の中に入れる方式と箱の横に置く方式と、それに、短時間で解決法を見つけた被験者に賞金を出す方式と出さない方式とを組み合わせて、計4種類の問題を用意した。賞金が出ない方式の場合、被験者(低動因群と呼ばれた)は、次のような説明を受けた。「この後で行う予定の実験で使用するにはどれが最適かを決めるため、私達は、様々問題について試験的調査を行っています。解決に必要な時間についての基準値を得るのが私達の目的です」。その以外の被験者(高動因群と呼ばれた)は、次のような説明を受けた。「あなたがどれぐらい速く問題を解決できたかに応じて、5ドルから20ドルの賞金が用意されています。あなたのグループの中で上位25%に入れば5ドルの賞金が出ます。最優秀者の賞金は20ドルです。解決に掛かった時間が評価基準です」。(補足として、この研究が発表された1962年以降のインフレを考慮して、それらを2015年時点の貨幣価値に換算すれば、それぞれ約40 ドルと162ドル程度に相当すると思われる[8])。画鋲を箱から出して提示した場合は、画鋲を箱の中に入れて提示した場合に比べ、より解決が容易である事がわかった。より多くの被験者が正解を見つける事が出来て、また、正解した人も短時間で解いた。画鋲を箱の中に入れて提示する条件においては、「高動因群」の成績は、「低動因群」の成績よりも、悪かった。グラックスバーグは、この結果を新行動主義的動因理論(neobehavioristic drive theory)の見地から解釈した。「強い動因が存在することで、既存の習癖がなかなか消えず、正しい解法を思いつくのを阻害する」。これを、過剰正当化効果(overjustification effect)の見地から説明する事については、画鋲を箱から出して提示する条件下において、その効果が見られない事、また、逆向きに若干の効果が見られる事などの不整合点がある。

高動因条件で失敗する割合が高くなる理由のもう一つの説明として、次のようにも言える。この課題を、限られた資源をめぐる競争という状態に変質させた事によって、被験者は軽度のストレスを感じる事になり、それによって、闘争・逃走反応として知られる交感神経系反応が生じる。このストレス反応は、前頭葉皮質にある脳の創造的思考と問題解決の領域を、実質的に無力化する。

言語的含意[編集]

E. Tory HigginsとW. M. Chairesとによると、被験者に、このテストで通常用いられる二つの物の名前を、普段とは異なる見慣れない言語的構造で、つまり、「一箱の画鋲」(box of tacks)ではなく、「箱と画鋲」(box and tacks)のように復唱させると、ロウソク問題の成績が改善する事を発見した[4] 。そのような言い回しを使うことで、その2つを別個の存在として、その区別と活用をより容易にしたのである[4]

スタンフォード大学で行われた調査では、問題が紙に印字された形で被験者に提示された。Michael C. Frankと言語獲得の研究者であるMichael Ramscarの報告によると、問題に関与する名称に、下線を引くだけで(「テーブルの上に、ロウソク一箱画鋲一束マッチが…」(on the table there is a candle, a box of tacks, and a book of matches...))ロウソク問題の正解率は25%から50%に上昇した[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dan Pink on the surprising science of motivation”. 2010年1月16日閲覧。
  2. ^ Daniel Biella and Wolfram Luther. “A Synthesis Model for the Replication of Historical Experiments in Virtual Environments”. 5th European Conference on e-Learning. Academic Conferences Limited. pp. 23. ISBN 978-1-905305-30-8. https://books.google.com/books?id=uhS1sd3gEB4C&pg=PT37&dq=the+candle+problem+karl+duncker&cd=5#v=onepage&q=the%20candle%20problem%20karl%20duncker&f=false. 
  3. ^ ジョン・パウエル 『ドビュッシーはワインを美味にするか? 音楽の心理学』 早川書房2017年、121頁。ISBN 978-4-15-209720-0
  4. ^ a b c d Richard E. Snow and Marshall J. Farr, ed (1987). “Positive Affect and Organization”. Aptitude, Learning, and Instruction Volume 3: Conative and Affective Process Analysis. Routledge. ISBN 978-0-89859-721-9. https://books.google.com/books?id=PNepLHdEhUMC&pg=PA156&lpg=PA156&dq=duncker+candle+task&source=bl&ots=EqrF8VXHLB&sig=G0P3JWGkkSvnA9fxmc2_BeRuO0Y&hl=en&ei=69pRS4bcEo-Ytgecy_2mCQ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=4&ved=0CBAQ6AEwAw#v=onepage&q=duncker%20candle%20task&f=false. 
  5. ^ a b c Frank, Michael. “Against Informational Atomism”. 2010年1月15日閲覧。
  6. ^ Living Outside the Box: Living abroad boosts creativity” (2009年4月). 2010年1月16日閲覧。
  7. ^ Glucksberg, S. (1962年). “The influence of strength of drive on functional fixedness and perceptual recognition”. Journal of Experimental Psychology 63: 36–41. doi:10.1037/h0044683. PMID 13899303. 
  8. ^ Consumer Price Index (estimate) 1800–2014. Federal Reserve Bank of Minneapolis. February 27, 2014閲覧。