ロイヤル・バイキング・サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロイヤル・バイキング・サン
Le paquebot de croisière Royal Viking Sun.jpg
トゥルクに停泊中の本船(1988年)
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 バハマの旗 バハマ ナッソー(1988-1999)
ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ(1999-2002)
オランダの旗 オランダ ロッテルダム(2002-)
所有者 ロイヤル・バイキング・ライン(1988-1994)
キュナード・ライン(1994-1996)
瀬島汽船(1996-)
シーボーン・クルーズ・ライン(1998-2002)
ホーランド・アメリカライン(2002-)
建造所 バルチラトゥルク造船所[1]
IMO番号 8700280
改名 ロイヤル・バイキング・サン(1988-1999)
シーボーン・サン(1999-2002)
プリンセンダム(2002-)
経歴
進水 1988年5月[1]
竣工 1988年11月26日[1]
現況 就航中
要目
総トン数 38,848 トン
全長 205.5 m
28 m
喫水 7.2 m
機関方式 ディーゼル
主機関 バルチラスルザー8ZAL40S 4基[1]
出力 21,120 kW
最大速力 22ノット
航海速力 18.5ノット
旅客定員 793名
乗組員 443名
テンプレートを表示

ロイヤル・バイキング・サン(Royal Viking Sun)は、1988年に建造され、後にシーボーン・サン(Seabourn Sun)、プリンセンダム(Prinsendam)と名称が変化したクルーズ客船

ロイヤル・バイキング・ライン[編集]

1988年に就航し、ロイヤル・バイキング・ラインの船隊に加わると、程なく洗練されたサービスと誠実な乗客サポートにより知られるようになり、船隊の中でも広く知られる部類に加わった。

キュナード・ライン[編集]

1994年、ロイヤル・バイキング・ラインの解体に伴ってキュナード・ラインはロイヤル・バイキングのブランドを取得し、本船も購入した。船名は変更されることなく、新たに編成された『キュナード・ロイヤル・バイキング』部門に配備された。5つ星の等級を得た本船は、キュナード時代の大半においてキュナード最高等級の地位にあった[2]

キュナードの船として世界周航に用いられ、乗員乗客を通じて高い人気と需要を得た[3]

1999年にはキュナード・ラインとシーボーン・クルーズ・ラインの共通の親会社であるカーニバル・コーポレーションが両社の合併を決め、ロイヤル・バイキング・サンは、シーボーン・サンとしてシーボーン・クルーズ・ラインに移籍した。シーボーン・サンとしての運航は、シーボーン・クルーズ・ラインが小型のクルーズ客船に注力する方向に変化したことから、2002年の南アメリカ周遊を持って終了した[4]

ホーランド・アメリカライン[編集]

カーニバル傘下のホーランド・アメリカラインに移籍したシーボーン・サンは改修工事を受け、プリンセンダムと改名された。エレガント・エクスプローラー(Elegant Explorer)と称されるようになった本船は、ホーランド・アメリカラインの他の船よりも小型で、異なる旅程を有し、ブティッククラスに相当する乗客一人当たりの面積と各種の設備・サービスを提供した。

2007年2月1日、ホーン岬付近で12mの高波に2度襲われ、入院を含む40人の負傷者を出した[5]

プリンセンダムは毎年数回の長期航海を行う運用がなされており、2011年には1月から2月には南米から南極にかけて、3月から4月には黒海・地中海での航海を行った。フェーンダム英語版アムステルダムと並びホーランド・アメリカラインで南極に赴く3隻の内の1隻である。また、低い全高によりキール運河を航行可能な少数のクルーズ客船にも属している。

2012年3月22日、ポルティマン英語版沖で8人乗り漁船の遭難信号を受信し、現場海域に到着したところ漁船は沈没し救命いかだに乗り移った8人を発見した。ポルトガル沿岸警備隊からの指示により8人を救助し、ヘリコプターで陸へ搬送するまで待機した[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d M/S Royal Viking Sun (1989)”. Fakta om Fartyg. 2013年11月28日閲覧。
  2. ^ Royal Viking Sun on Unofficial Cunard Archives”. Chriscunard.com (2009年9月23日). 2009年9月14日閲覧。
  3. ^ Cunard Line Website for Royal Viking Sun
  4. ^ “Seabourn Sun To HAL”. Findarticles.com. (2009年6月2日). http://findarticles.com/p/articles/mi_m0FCP/is_2_23/ai_78256205 2009年9月14日閲覧。  [リンク切れ]
  5. ^ Liu, Paul C. (2007). “A Chronology of Freaque Wave Encounters”. Geofizika 24 (1): 57–70. http://www.glerl.noaa.gov/pubs/fulltext/2007/20070019.pdf 2012年10月8日閲覧。. 
  6. ^ Prinsendam Engages in Successful Rescue Operation

外部リンク[編集]