ロイシンデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロイシンデヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.4.1.9
CAS登録番号 9082-71-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ロイシンデヒドロゲナーゼ(leucine dehydrogenase, LeuDH)は、ロイシン生合成酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

L-ロイシン + H2O + NAD+ 4-メチル-2-オキソペンタン酸 + NH3 + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質L-ロイシンH2ONAD+、生成物は4-メチル-2-オキソペンタン酸NH3とNADHとH+である。

組織名はL-leucine:NAD+ oxidoreductase (deaminating)で、別名にL-leucine dehydrogenase, L-leucine:NAD+ oxidoreductase, deaminatingがある。

参考文献[編集]

  • Sanwal BD and Zink MW (1961). “L-Leucine dehydrogenase of Bacillus cereus”. Arch. Biochem. Biophys. 94: 430–435. 
  • Zink MW and Sanwal BD (1962). “The distribution and substrate specificity of L-leucine dehydrogenase”. Arch. Biochem. Biophys. 99: 72–77. doi:10.1016/0003-9861(62)90245-X.