レールベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Lehrberg COA.svg Lage des Landkreises Ansbach in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ミッテルフランケン行政管区
郡: アンスバッハ郡
緯度経度: 北緯49度21分02秒 東経10度30分38秒 / 北緯49.35056度 東経10.51056度 / 49.35056; 10.51056
標高: 海抜 407 m
面積: 50.86 km2
人口:

3,131人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 62 人/km2
郵便番号: 91611
市外局番: 09820, 09803, 09828
ナンバープレート: AN, DKB, FEU, ROT
自治体コード:

09 5 71 171

行政庁舎の住所: Sonnenstr. 14
91611 Lehrberg
ウェブサイト: www.lehrberg.de
首長: レナーテ・ハンス (Renate Hans)
郡内の位置
Lehrberg in AN.svg
地図

レールベルク (ドイツ語: Lehrberg) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケンアンスバッハ郡に属す市場町

地理[編集]

位置[編集]

レールベルクはフランケンヘーエ自然公園内に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には26の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • バルシュタット
  • ベルンドルフ
  • ブールスバッハ
  • ゲーダールスクリンゲン
  • グレーフェンブーフ
  • レールベルク
  • オーバーズルツバッハ
  • シュマラハ
  • ウンターヘスバッハ
  • ウンターズルツバッハ
  • ツァイラハ

歴史[編集]

定住するのに適した地形である東部の丘陵地やレーツァト川、ツァイラハ川沿いに人々が入植したのは、紀元6世紀から7世紀頃であった。1059年に聖マルガレータ教会が教会兼住民の防衛施設として建設された。その後数世紀の間、教会は巡礼地として発展し、多くの現存する聖遺物を集め、繁栄の時代を送った。しかしやがて三十年戦争ペストがレールベルクを破壊した。19世紀になると普仏戦争がこの村に打撃を与えた。これらは、2つの世界大戦に匹敵する大きな人的損害をもたらしたのであった。これを記憶するために3つの記念碑が建てられている。

2006年9月22日の不運[編集]

2006年9月22日の朝8時頃、レールベルクの中心部で大きなガス爆発事故が起こった。この事故で15人が怪我をし、6人が亡くなった。この爆発は、周囲の建物にも損傷を与えた。事故経過の調査は、ガスタンク注入バルブの保守作業員が誤って、ガスを抜く替わりに締め付けてしまったことに起因することを明らかにした。

行政[編集]

議会[編集]

議会は、16議席からなる。

文化と見所[編集]

レールベルガー・カプル(かつての城内礼拝堂の塔趾)

経済と社会資本[編集]

レールベルクは、ロマンティック・フランケン観光連盟に属している。

交通[編集]

レールベルクは、アンスバッハの北約7kmの連邦道B13号線沿いに位置している。

引用[編集]

外部リンク[編集]