レーベレヒト・マース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レーベレヒト・マース

レーベレヒト・マースLeberecht Maaß、(1863年11月24日 - 1914年8月28日)は、ドイツ帝国海軍少将プロイセン王国ポンメルンのコルケンハーゲン(現:ポーランド西ポモージェ県ブジェショフツェ英語版)生まれ。

1914年8月28日のヘルゴラント沖海戦において、ドイツ艦隊を指揮した。彼は旗艦としていた小型巡洋艦、「ケルン」がデヴィッド・ビーティー中将率いる巡洋戦艦部隊に撃沈された時、艦と運命を共にした。

軍歴[編集]

1883年ドイツ帝国海軍に入隊した。1893年から1895年まで魚雷艇の艇長として勤務し、、1898年から1901年の間は戦隊司令1903年から1906年まで水雷課長(Abteilungskommandeur in der Torpedowaffe)を務める。1906年10月から1908年3月までは、海軍学校の校長であった。1908年3月7日、大佐に昇進する。その後、1908年4月から1909年3月まで大型巡洋艦「フライア (de:SMS Freya (1897)」、1909年3月から1910年6月まで大型巡洋艦「シャルンホルスト」、そして1910年8月から9月まで戦艦ヴァイセンブルク (SMS Weißenburg」の艦長を務めている。

1910年10月、マースは第2工廠師団(II. Werftdivision)司令に任じられ、1913年9月まで同職にあった。1913年9月から1914年2月まで、彼は偵察艦隊の第3席提督として、小型巡洋艦「ケルン」に勤務する。その間の1913年12月9日、少将に昇進した。また1914年3月1日付で偵察艦隊の次席提督となるが、その職務は特に変わらなかった。

第一次世界大戦[編集]

第一次世界大戦が勃発すると、マースは魚雷艇戦隊主席司令( I. Führer der Torpedobootsstreitkräfte)の称号を授かり、同時に第2偵察群(II. Aufklärungsgruppe)の司令官となった。彼の旗艦、「ケルン」は8月1日から8月7日までシリヒ (Schillig泊地に停泊し、8月12日および8月15日に北海へ出撃している。

ヘルゴラント沖海戦[編集]

マースはヘルゴラント沖海戦で戦没した。イギリス海軍の、いわゆる「ハリッジ部隊」は軽巡洋艦アリシューザ」、「フィアレス (HMS Fearless (1912)」および駆逐艦31隻を擁してレジナルド・ティリット (Reginald Tyrwhitt代将の指揮下に8月28日の早朝、ヘルゴラント島付近のドイツ海軍部隊を襲撃し、魚雷艇「SMS V187」を撃沈する。ビーティー中将は巡洋戦艦「ニュージーランド」、「インヴィンシブル」および小型の巡洋艦3隻を率い、およそ25海里北方からハリッジ部隊を警護していた。ティリット代将の部隊を迎撃するため、まず小型巡洋艦「フラウエンロープ (SMS Frauenlob」および「シュテッティン (SMS Stettin」が到着し、間もなく「ケルン」に座乗するマース少将指揮下の小型巡洋艦4隻も合流した。 ティリット代将の巡洋艦はすぐに窮地に陥り、「アリシューザ」は砲撃で甚大な損傷を被る。しかし12時40分、ティリット代将から救援要請を受けたビーティー中将の巡洋戦艦部隊が到着し、絶望的な抵抗を試みる3隻の小型巡洋艦、「マインツ (SMS Mainz」、「ケルン」および「アリアドネ (SMS Ariadne」を撃沈したのである。

顕彰[編集]

没後の顕彰[編集]

ドイツ海軍はマースを顕彰し、駆逐艦「Z1」を「レーベレヒト・マース」と命名している。

個別の典拠[編集]

  1. ^ a b c d e f g Rangliste der Kaiserlich Deutschen Marine, Hrsg.: Marinekabinett, Mittler & Sohn, Berlin 1914, P. 109